最近、お客様は気がついてきたようです。
どうも自分の生命保険がおかしい、、、と。
そういう方から生きるための保険の見直しが始まっています。

そんなお客様からの依頼が多くなっているわけですが
大手保険会社のセールスレディーから反撃にあうことが
あります。今回はその様子を。

住宅購入を考える時には生命保険を見直します。
理由は団体信用保険の存在です。
もしものときにはローンの支払がなくなり住居費が
いらなくなるからです。

現在、夫婦で約月4万円の保険料を支払っていました。
10年後、お子様が高校生になる時に保険料はアップします。
同じ保障なら保険料は結構上がることでしょう。キツいですね。

大手の勤務先で福利厚生も充実していることや
健康保険で20000円以上の治療代は戻ってくることを考えて
以下の保険を提案しました。

収入保障保険月額20万円、
医療保険1日5000円 120日タイプ
がん保険 診断給付金300万円
所得保障保険 月10万円 免責14日 2年

保険料は別提案の奥様の分と合わせて月23000円程度です。
家計で見れば月に約17000円の節約になります。
さてここからセールスレディーの反論、反撃がはじまりました。

つづく?