医療保険の使い方

よくあの保険はよくない、この保険はいいなどの
話を雑誌で見ます。基本的に悪い保険はないと思っています。
ただ、ライフステージが変われば合う合わないは存在します。

おなじ論議で医療保険不要論も見ます。
では住宅購入してまもない家族だったらどうでしょうか。

わたしの父親が白血病で入院したときに月に100万円以上の
請求がきました。個室に入院する父はいつも経済的な面を
心配して大部屋でいいよと言っていました。

その父の白血病の闘病生活は4ヶ月半続きました。
それを1日3000円の医療保険と高額療養費,傷病手当金
で乗り切った経験で言えば、助かったが本音です。

辛かったのは病院代もそうですが、住宅ローンの支払いと収入減です。
がんでの長期闘病生活はトリプルパンチとの戦いです。
我が家にとっても大ピンチでした。

保険の本質は起こる可能性は低いけど、起こった時に
家計に甚大な苦痛をもたらすものを保障することです。

そう言う意味では、短期入院化している現在、1日いくらの
医療保険の加入の意義は低下しています。

しかし、住宅を購入し頭金を出して貯蓄が減少した家族には
病気で入院した時もそうですが、がんで我が家と同じ状況
だった時、保険を適切に組み合わせてピンチを脱するとき
では医療保険+がん保険は有効です。

例えば一時金200万円のがん保険と1日5000円の
医療保険の組み合わせなら35歳のかたで月に5000円程度
の保険料で済みます。

これから支払い負担は少ないですし、医療保険とがん保険で
1日いくらの保障をダブって負担することもありません。
また病院代と住宅ローン、収入減は賄えそうです。

こういうがん保険が発売された意味は大きいです。
注意することは、月の支払いが高額にならないように
することです。

医療保険が必要などうかの論議に意味はありません。
個々の貯蓄額や勤務先の福利厚生などによって違うからです。
自分には必要かどうかの判断ができることが大事です。

それぞれの立場や状況に応じて保険の使い方はかわります。
不要かどうかは自分の状況を考慮して決めてください。
わからなければご相談ください。