こんにちは、北見の節税FPの吉原です。

税金を払うのは社会的には意義のあることですが、

その金額も馬鹿にならないので、会社を守るため、

節税はどんどんすべきです。

その方法の一つとして、

今回は増加償却について、お話します。

例えば、ある機械について。

機械の説明書などには、「1日8時間稼働で10年持つ」

などの法定使用期間が記載されています。

その機械を1日16時間稼働させたとすると、

機械は2倍の速度で使われていることになります。

よって、その通常使用時間以上に使った時間の分を、

通常の減価償却に上乗せして、減価償却していいですよ。

という制度です。

その1年が忙しくて、通常より機械を使いまわしたなんていう場合には、

節税対策として使えますね。

計算式は以下の通り。

増加償却限度額=普通償却(通常償却)×(1+増加償却割合)

増加償却割合=その事業年度の1日あたりの超過使用時間×35/1000

税金は払ってしまうと2度と戻って来ないので、

会社にお金が残るように、しっかり節税対策をしましょう