こんにちは、家計見直しアドバイザーのハイノです。
今日は、午前中、銀行に行ってきました。

住んでいるマンションで我が家が理事会の会計に
なったからです。担当者が変わったということで、
名義変更をしてきました。

そのときに、銀行の画面に、金利がいろいろ写し
出されました

普通預金0.02、定期0.025(100万でも1000万でも
同じ金利でした)、外貨普通0.1
外貨定期 AUD 0.4(1か月も3か月も6か月も
変わりなかったようです)・・・・

名前を呼ばれたので、見たのはそのくらいでした。
できればローンの金利も・・・なんですが、それは
ネットで調べることとしましょう。

とにかく、これじゃ、確かに「預けるのがばからしい、
運用しよう」という人がいて不思議じゃありません。

「家計にやさしい年金・保険講座」に模様替えしてから
文字通り、年金ネタを多く書いてきました。

が、今日は、投資ネタについても書いてみたいと
思います。私自身も投資経験はいくつかあります。
これは、私の個人的な考えです。

時期としたら、今日経平均も8900円くらいと低いし、
円高だし、買いのタイミングでほぼ間違いないか
と私も思います。

ただし、それは長期的にみたらと言う話。
例えば、1か月くらいの期間で見たら、日経平均は
8500円くらいに下がるかもしれないし、円も75円
くらいまであがるかもしれないし・・・

ここ、6か月ほど、日経平均は10000万円くらいまで
上がったり、8千円台に下がったり、上下を繰り返して
きました。

だから、マメにネットで売り買いの手続きができたり、
情報収集ができたりする人は、短期売買でも儲けが出る
のでしょう。

でも、仕事や家事子育てで忙しい、まとめて時間が取れない、
性格的にマメではない、という人は、やはり長期売買が向いている
ように思います。

ネット証券で、自動売買なんかがあるのは知っていますが、
売値の設定が自分の予想の範囲内だったら、有効ですが、
はずれていたら売買できないのですよね・・・。

やはり、投資は最低3年間くらいは、寝かせておいて大丈夫な
お金でするのがいいのではないでしょうか?

また、続きを書きます。