若いうちからできる、お手軽に年金を増やす方法が
あります。

年金保険料は、月にたった400円!
付加年金といいます。

それで、65歳からは月200円年金額に上乗せ
されます。

月400円余計に払うのに、月200円しか増えないの??
と思った人・・・それは、違います。

月400円の付加年金を12か月払ったら、4800円払った
ことになります。

それで、月200円が年金額が増えるのだから、2年間で
4800円の元が取れてしまうのです。

60歳から繰り上げした場合は、30%付加年金も
減額されますが、3年もあれば、元が取れる計算に
なります。

お得だと思いませんか?

ただし、付加年金をかけられるのは、自営業者などの
第1号被保険者と任意加入被保険者のみです。

国民年金基金に入っている人は、付加年金は
かけられません。

給与天引きで社会保険料が惹かれているサラリーマンや
被扶養配偶者の第3号被保険者も、付加年金を
かけられません。

国民年金の他に、ちょっとでも上乗せ欲しいなあ、と
思った、第1号被保険者の方は、ぜひご検討ください。

窓口は、最寄りの市町村役場になります。