先日、長女が鉄棒から落ちて軽いケガをしたの
です。

大きくなるにつれ、行動範囲も広くなり、
子供のケガなど心配なところです。

特に学校や幼稚園、保育園は、子供が昼間、
長時間過ごす場所です。
こういう場所で、ケガなどがあった場合、何か
共済などはないのでしょうか?

で。。。実はありました。
日本スポーツ振興センターの「災害共済給付制度」です。

なんと、加入率は、小・中学校で99.9%!高校でも
98%」です。幼稚園でも81%、保育園で88%!

掛け金も、子供一人当たり、年額で270円から1880円まで
と、格安ですね・・。

運動会、遠足など、授業中、部活、放課後の災害、登下校中、
始業前、寄宿舎にあるときの災害・・・で、医療費の自己負担額が
1500円以上になったもの・・・をカバーします。

だから、学校のケガが心配だからと、やたらに、高額の保険
に入る必要はないのです。

ただ、学校の管理下を離れて、公園でケガとか(家の長女みたいに)、
夏休み中、友達同士で遊びに行ってて、ケガ。。。とか
そういった内容は、入らないので、注意が必要です。

保護者も、学校がこういう共済に入っている認識が
ないことが多いのです。

学校の管理下で、ケガをした、またはさせてしまった場合、
まずは、この制度を使って、治療費を賄った方が、
負担を減らすことができます。

こういう場合、学校に連絡し、医療の状況を知らせた
方が、この制度を利用することができます。