会社員の加入する厚生年金と公務員の加入する共済年金を一元化する法案が10月に提出されます。共済年金は厚生年金に比べ優遇されています。

 共済年金には職域加算と呼ばれる独自の上乗せ制度があります。また、厚生年金に比べ保険料率が低いのに給付は厚生年金よりも月額2万円多くもらえます(平均的なモデル世帯の場合)。

 年金一元化はこの年金格差を解消するのが狙いです。ただし、実際に年金格差が解消されるかは問題です。今までもこの手の法案は骨抜きにされてきているのは読者の方もご存知でしょう。

 たとえば、職域加算を廃止する代わりに、税金と本人負担を原資とする独自の上乗せ給付が創設される予定です。