こんにちは、家計見直しアドバイザーのハイノです。

「退職金って税金かかるの?」と友人から
質問を受けました。

退職金のお得な受け取り方、でも触れたのですが、
今日は、税金について少し詳しく説明します。

退職金は、勤続年数20年以上なら、800万円まで、
所得税がかかりません。

そして、800万円超えた分は、退職金から勤続年数に
応じた金額を引いてから、計算します。

勤続20年までは、(退職金-40万×勤続年数)×1/2
に対して、所得税かかります。

20年超えると、上の金額に加え、(70万×20年越えた年数分)×1/2
に対して、所得税かかります。

例えば、38年勤続して、1500万円退職金もらった人の場合。

(1500万-(40万×20+70万×15)×1/2=(1500万-1850万)×1/2
なので、控除額の方が多いので、これには税金はかかりません。

勤続20年で、1500万もらった人なら?
(1500万-40万×20)×1/2=350万
350万に所得税がかかってきます。

この場合、早見表で見ると、所得税は、272500円ほどです。

会社から給料以外のお金もらったからって、
贈与税はかかりませんよ。