おはようございます。
9月になり最初の日曜日です。

庭の木に鳩が巣を作っています。
目の前をあるいている姿を見てインコがジッとしています。
本当に静かな朝です。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ブログに訪問してくれたお礼に、お得な保険・住宅ローンを教えます

 失敗から学んだお金の取扱説明書
ー知っててあたり前、知らなくて損なマネーテクニックー

      http://fpft.jp/
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

こどもに多くのお金を掛けたいから

わたしのお客様は傾向はどういう方が多いのか。
それはサラリーマンで年収が高い方が多いです。
特に700万円以上の方は満足度が高いようです。

このお客様たちはブログやFACEBOOK、HPを見て
連絡を頂いていますが、既存の保険セールスの方の知識に
疑問をもち自分で解決しようとしてわたしにたどり着きます。

『ここにたどり着くまですごく時間が掛かりました』

こういわれると大変申し訳なく、すぐにわたしのHPに
たどり着けるよう真剣に対策をしたいと思っています。
本当に申し訳ありません。

年収の高いお客様はなぜ保険の見直しを考えるのか。
それは決して家計が大変なわけではなく、
もうワンランク上のよりよい暮らしを求めてです。

そのお客様によくお聞きするのは
『お子様には何を習わせていますか』
やはり『お金かけているな』と思う習い事が出てきます。

ピアノが1番多いのですがバレーであったり、
家庭教師をつけていたり、野球のクラブチーム、柔道
などを複数習わせていてかなりお金を掛けていることがわかります。

かといってなんにでもお金を使うかと言えばそうでも
ありません。不要なところにはまったくお金を掛けようと
しません。そこははっきりしています。

お子様のためにできるだけ多くのお金をつかって
よりよい教育を受けさせたい。
そのために賢く、納得がいく保険や住宅ローンの見直しをしていく。

つまりお金の3つの使いかた。
投資・消費・浪費のなかの割合が年収の高い方ほど
投資の割合が高く、保険や住宅ローンなどで『浪費』を削ろうとします。

年収の高いサラリーマンはマネーに関してもやはり賢い。
だからその地位にいることにいつも感心しています。
わたしはそのお手伝いをしながら、その姿勢を真似させてもらってます