今まで中古住宅の購入とリフォーム代金のローンは別々でした。リフォームローンについては、無担保融資のため、金利が高く、融資期間も短かったのです。そのため、返済期間の最初の方は家計負担が大きいという面がありました。これを一体にすることにより、月々の返済額が安くなるとのことです。

  返済総額は人それぞれ異なるのですが、金利が安くなるため、ほぼ変わらないとのことです。現在の収入状況によっては、家を購入する際に中古住宅も選択の一つに入ることもありますので、その時には返済方法についても確認してみてください。