海外移住で大切な3つの拠り所

  先日、上海で開催された「日本脱出!立花聡のマレーシア移住実話セミナー」は定員30名の会場に40名超の方がご来場され、超満席でした。中国の人事労務コンサルタントの第一人者である立花さんの知名度はさすがだなと思いましたが、移住というテーマに関心を持つ在中日本人の方がこれだけ沢山いることにも驚きました。

  在中日本人の方は海外に住むこと自体には抵抗が少ないのだと思いますが、本格的な移住となれば、どこの国に住むかがやはり大きな問題となります。

  立花さんも様々な国の移住ビザを調査した結果、最終的にマレーシアを選択された理由は、天災リスクが低い、英語と中国語が通じる、治安が良く、医療設備が整っており、物価は日本の1/3程度、日本・中国から近い、移住ビザの取得要件が比較的低く、居住義務がない、といった理由を挙げておられました。

  それでもやはり本格的な移住となれば、それなりの準備が欠かせません。立花さんは、心の拠り所、身の拠り所、お金の拠り所の3つを明確にしておくことを提唱しています。

  心の拠り所は、日本人である以上は永遠に日本人としての心を忘れるべきではないし、海外に住んでいても日本人としての文化・習慣はいつも大切にしていたいと私も思っています。身の拠り所は、日本国内が少子高齢化によって、将来的な増税と社会保障の削減が避けられない以上、リタイア後はやはり海外で物価が安く、医療設備が整った国での生活を視野に入れておくべきだと思います。

  お金の拠り所は、移住先で銀行口座を開設するだけではなく、国際金融センターである香港やシンガポールでも銀行口座を開設して頂き、日本を含めた3カ国間でいつでも資金移動ができるようにしておくべきです。

  今回のマレーシア移住実話セミナー、思った以上に反響が高かったようで、別日程、別地域での開催依頼が既に来ているようです。私もまた特別講師として呼んでもらえるように、国際金融センター香港の金融機関を活用するメリットについてもう少し面白い話ができるように準備しておきたいと思います。

この記事を書いた人

木津 英隆 木津 英隆()»筆者の記事一覧 (47) http://www.kenshin.com.hk/

謙信アセットコンサルティング(香港)代表取締役CEO
1974年3月9日生まれ、長崎県出身、1996年青山学院大学法学部卒。ロイター通信(香港)、米系格付け会社S&Pを経て、2009年より現職。所属IFA(独立系ファイナンシャルアドバイザー)のGRANDTAG社はアジア各国に600名の資産運用コンサルタント、25,000名の顧客を擁する香港系大手IFAの一角。お客様のライフプランに沿って、元本確保を最優先とし、オフショア投資商品、個人年金プラン、貯蓄型生命保険、相続対策商品などをご提案。また、香港の優れた金融サービス、投資優遇税制、年代別資産運用方法などについて、初心者にも分かりやすい小口投資家向け「海外で作る自分年金セミナー」を各地で開催。皆様に信頼して頂ける資産運用コンサルタントとなることを目指して積極活動中です!
【寄稿者にメッセージを送る】

木津 英隆の著書

今、あなたにおススメの記事
本サイトの更新情報をfacebook・Twitter・RSSでチェックしましょう