先週、「相続税が強化される案が決まる?!」というテーマで、与党(民主党)が相続税の強化案を決めたことをお伝えしました。しかし、あれから、突然、解散・総選挙が宣言されました。おかげで、相続税を含め、来年度の税制改正に関する政府・与党案が私たちの前に出てくるのは、12月下旬以降になりそうです。

  総選挙は12月16日。どこが政権を取るのか? 自民・公明党か?第3勢力か?・・・結果によって、税制案は異なります。12月下旬以降、師走のあわただしい時期ですが、いち早く情報を集めて、来年早々からうまく立ち回るために、私たちは成り行きを注視しておく必要があります。

  私たちの生活に直接かかわりのある多くの税制に影響を与えるものですから。

  特に、相続税、贈与税、所得税、自動車取得税・・・・・こういったものの動向に注意を払っておいたほうがいいと思います。この手の情報収集は、新聞が適しています。