前回から引き続いています、金持ち父さんとはなんだったのか!?を書いていきたいと思います。金持ち父さんは私達に重要なことを教えてくれる存在だと思います。私は投資家を名乗っていますが、一介のサラリーマンでもあります。サラリーマンと金持ち父さんの決定的な違いとは何でしょうか?

  ここで比較したいのが、勤勉なサラリーマンと金持ち父さんです。勤勉なサラリーマン(私は決して勤勉なサラリーマンとは言えないので、だいぶ私の妄想入り込んだイメージ像になります。言っていて自分で恥しい)はみんな一生懸命働き努力をしています。会社で働きそこでお給料をもらい、中には勤勉すぎて滅私奉公する人もいることと思います。会社のために働くのが「人生」だと感じています。

  まさに、真面目。働く人たちみんなが理想像とする人もなかにはいるのではないでしょうか?

  そんな勤勉なサラリーマンの価値観は「仕える」「安定」「無難」。こんな感じではないでしょうか?では、金持ち父さんが教えてくれたこととは何でしょうか?それは、上記のような勤勉なサラリーマンだけではなく、他の方法で収入を得られる方法があるんだということです。

  金持ち父さんの価値観とは「ビジネス作る」「自由」「使命」です。会社に帰属することなく、自分の手で投資し、自分の手で仕事を創作します。しかも必ず「誰かの為になる」ことに全力でフォーカスします。会社で働くことではなく、会社作ることが仕事にしています。サラリーマンの収入のメカニズムは毎日家から川へバケツで水を汲みに行くのに似ています。金持ち父さんの収入のメカニズムはまるで川から家まで水路を築くのに似ています。金持ち父さんは我々の働

  き方の根本を問いかけるようなものでした。どっちがいい、どっちが悪いではなく、世の中にはその2種類の収入メカニズムがあり、我々にはそのどちらかをチョイスする権利がある!!と語りかけるようでした。

  私は大きな衝撃を受けたことを今でもつい昨日のことのように感覚が残っています。私には投資の世界をチョイスする権利がある。だからこそ投資で金持ち父さんのように子どもたちが望むようなライフスタイルを送るサポートができたら、どんなに素晴らしいことだろう!と、今もよく想像しています。

  お金を稼ぐということに罪悪感を感じないでください。収入を多くもらっている人=多くの人たちに貢献している人 を意味しています。稼いだお金は今度はあなたの大切な人の為に使ってあげてください。あなたの貢献度の大きさを賞賛し、待っている人は必ずいます。そして、その稼いだお金で笑顔になる人は必ずいます。

  この記事を読んでいただいている方も、ぜひチョイスしてみてください。もし仮に、金持ち父さんのような収入メカニズムをチョイスしたその時、投資の世界の扉は開かれることでしょう。素晴らしき投資の世界はいつもあなたの隣にあります!!