終の棲家 考えたことありますか?

  ひと昔前は病院へ入院し、そこで看取られるその前は自宅で。さて、これからは・・・・・

  現在お上の方針と実際の生活がかみ合っていませんよね。お上は在宅看護・在宅療養の方向へ しかし、そんなこと実情は難しい。高齢者単身世帯が多かったり、収入減の中の介護だったり老老介護だったり独身者で身寄りがいない場合も。

  有料老人ホーム等は庶民には手が出せないし、高優賃だって年金だけではお家賃きつい・・

  セカンドライフという言葉はずいぶん身近になりました。老後生活をぼんやりと描いている人も少なくないと思います。

  しかし、年々寿命が延びているいま、セカンドライフもさながらサードライフへの備えも早いうちから考えておかないといざとなってからではなかなか思い通りにならないということになりかねません。

  よりよい人生の終焉を迎えるためにお金も備えておく必要がありますね。(もちろん、お金以外にも備えなければならないものもありますが)

  まだ間に合う40代今のうちから考え始めておきませんか?まだまだ先のコトそんな風にゆったりと構えていると慌てることになりかねませんよ。