男親、女親で一人でお子さんを扶養している方にも、税金計算上、有利になるような控除があります。寡婦控除・寡夫控除という控除です。

  税金を計算する額から、27万円または、35万円をひいてくれます。そこから、税率をかけるので、年間27000円または年間35000円、節税になります。

  本人が、所得500万円(年収から社会保険料・控除額をなどを引いた額で)以下で子供が38万円以下の所得という条件なので、未成年のお子さんがいらっしゃる方は、結構広く当てはまりますよね~~。

  プライベートを職場に知られたくないので。。。と言う方は、是非、確定申告で、税金を取り返してきて下さいね~。

詳しくはこちら