おはようございます。今年も残り少なくなりました。クリスマスカードを書きながら1人1人の相談を考えていました。なんと言っても今年の変化はネットからの申し込みが多かったことです。

  ご紹介もネットからのお客様も特に変わらないのですが、ネットからのお客様はいろんなFPの方のブログや雑誌を見て比較していただいたあとわたしに依頼してくれていました。

  そのおかげでレベルの高いお話ができたことは間違いないです。来年もそれ以上のお話ができるようにがんばっていきます。電話だけでお話ししたひとも含めて選んでいただいたことに感謝しています。

  さてがん保険見直しの最終回です。今までの2回で書いたようにわたしががん保険を選ぶポイントは3つです。診断給付金200万円以上、複数回給付そして本日の話です

  命が助かる確率を上げるための『セカンドオピニオンサービス』についてです。話はすこし違いますが、現在義父の体調がよくなく、介護の関係でいくつかの病院にいって診察を受けていました。

  そこで思うことは病院を選ぶことは本当に大切だということです。
もっと言えば優秀な医師に出会うことは命を守る確率を格段にあげることだと実感できることです。

  しかし、なんのつてもない私たちにその多忙な優秀医に見てもらうことは可能でしょうか。ましてや使命などできないように思います。では命を守る確率を上げるためにどうやって優秀医に見てもらうようにするのか

  そこでご紹介するのががん保険についている『セカンドオピニオンサービス』です。参考⇒T-PEC ドクターオブドクターネットワーク

  どうしても命は守りたい、しかしそれでもどうにもならないこともあるでしょう。しかし命が助かるために、確率をあげるために自分が出来るベストを尽くしたい。わたしがこの状況になったら是非利用したいと考えるサービスです。

  実際の保険見直し相談のときは使い方までじっくりお話しています。助かった方も2人知っています。そのときの話もしています。しかし、残念ながら必ず命が助かるわけではありません。確率論です。

  3回にわたってがん保険の見直しに関して書いてきました。わたしの保険の考え方は生きて生活しているときが大前提です。しかし長い間生きていると病気にもなります。

  その病気がガンだったときでも治療代は高額療養費や附加給付、そして医療保険でカバーできるかもしれません。しかし『住宅ローン』や『教育費』の負担はなくなりません。がんになったとしても家族が生活するにはお金が必要になります。

  ほかにも保険料のことも大事です。がん保険に5千円以上は生活に支障がでることもあります。そしてガンになったら保険料の支払いがなくなることも考えて選んでいます。

  この不透明な日本の経済において保険料に多額のお金をかけることはどうしても避けなければなりません。それにはピンポイントにほしい保障がある保険を選ぶ必要があります。

  この3回の話が1部の方だけでも参考になれば幸いです。