今年の1月から始めた新月のお茶会で行っていた、ピンクの紙に書いていた願い事が叶いました!4年越しの願いです。これまでの3年間は、行けたらいいな~という感じだったので叶うことはありませんでした(笑)

  1つは、ビジネスクラスでイタリアへ行くこと。そして、12カ月のうち1カ月は自分のために使うこと。それが叶うというのはとても幸せなことです。マーフィーの法則でも本田健さんもおっしゃっていますが、本当に必要なモノは必ずやってくるということをこの1年間でたくさん体験してきました。

  今回のイタリアへの旅行費は私が働いて得たお金ではなく、お金に働いてもらって得たものです。

  ご相談でよくあるのが、

・手元に今すぐ使わない200万円とか300万円があるのだけど…
・保険の満期金が数百万円あるのだけど…

  と言われること。

  そして、取りあえず定期に入れておきます、と。

  今の金利なら、例えば300万円を1年満期の定期預金に入れておいても、税金を引かれて600円の利子が付くだけです。(本日の親和銀行の1年定期の金利より)昔から、働かざる者食うべからずと言われます。働けるうちはしっかり働いて、その対価を頂くのは当たり前のことです。

  ただし、人はいつかは体を動かして働くことができなくなるものです。高齢になる、病気になる、事故に遭う…。理由も様々です。そんな時にはお金に働いてもらって収入を得られる仕組みを作っておくと、不安にならずに済みますよね。

  子どもたちが小さい頃、がむしゃらに働いて体を壊して入院してしまった時のことを思い出すと、自分一人で何とかしようと思い込んでいたのがそうなった原因だと反省しています。ある程度の資産が貯まるまでには時間がかかりますが、10万円でも20万円でも貯められるようになると、後はとても楽になります。