新年にあたり日ごろより考えていることを書いてみようと思います。あくまでも熊本を中心に書いていきますので他県の方にはほんの少しだけ違和感があるかもしれませんがそんなに変わらないのではないかとも思っています。

  熊本でFP(ファイナンシャルプランナー)を名乗る人って何人いるのだろうか。わたしは知りません。ただ感じているのは保険屋さんがFPの資格を取って名乗っているケースが多いとは認識しています。別にそれは悪いことではないと思います。

  しかし生命保険は立派な仕事であり、充分人の役に立っていると思いますのでFPを名乗る必要なんてなく誇りをもって保険屋ですといってもいいのではと思っています。

  さて、ここから3回にわたって世界経済を考えて、日本の未来を考えて、家計について考えてみようと思います。森をみて、林をみて、そして木をみる方法です。そう考えると生命保険・住宅ローンにある一定の結論が見られます。これは保険屋さんにとって非常に都合が悪いものです。

  明日の第1回は世界人口から考えた未来です。