金持ち父さんとはなんだったのか? キャッシュフローゲーム

  あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いいたします。さて、まだ続けてしまう金持ち父さんとはなんだったのかシリーズ。今回注目したいのは、キャッシュフローゲームです。

  「金持ち父さん貧乏父さん」を読んだことがある方でしたら、一度は気になったことがあると思います。しかもあのゲームを一度きりで終えるのではなく何度も何度も遊ぶのがファイナンシャルインテリジェンスを高めるのに役立つと書いてあります。

  本当にそうなのかな・・・?

  たかが、ゲームでしょ?ゲームを何度もするだけでファイナンシャルインテリジェンス高められるの??ひょっとしたら、ロバート・キヨサキさんがゲームボードを販売したいがために、そう言っているだけなのでは・・・!?

と  いうわけで、みなさんを代表してキャッシュフローゲームが本当にファイナンシャルインテリジェンスを高めることができるかどうか検証しました!!新年からちょっと大袈裟です!!

  まずしなければいけないこと。ゲームボードの購入。正直に言います。高い!!価格はあえて書きませんが、高い!!

  しかし、ここは金持ち父さん貧乏父さんを読んだ人たちの代表であるため、必要経費考え購入。清水の舞台から飛び降りる・・・?勢い・・・?まではないですが、買いました。

  いざ、ゲームをプレイ!プレイヤーは私、青木一人。検証するので20分くらいプレイする。一人で。もう一度言います。一人で。程なく、死にたくなるタイミングがきてしまいます。新年早々不吉なことを言ってしまいました・・・。

  というわけで、友人複数集めて再検証してみました。まず、分かったことがあります。ボードゲームというのは一人で、いや独りでやるものではありません(当然)肝心なところはファイナンシャルインテリジェンスが高められるのかどうか、です。

ファイナンシャルインテリジェンスは高まるのか?

  結論、高まります。知らず知らずのうちに損益計算書と貸借対照表を書いています。そして、キャッシュフローゲーム一番すごいと思ったところは投資家の目線から見てもこの世の縮図が表現されていると思いました。

  ラットレース抜けるために必要な判断能力、情報、タイミング、そして運。 それを何度も何度もプレイしていると、段々と投資家脳が研ぎ澄まされてきました。投資する、しないに関わらずあのゲームで遊ぶのはオススメです。単純に面白いですし!

  今回で、金持ち父さんとはなんだったのかシリーズを一区切りさせます。また、気まぐれにこのシリーズをクローズアップすることもあるかもしれません。お付き合いありがとうございました。