一生の内ではマイホームに次いで高い買い物になると言われている“生命保険”ですが、来年の4月以降には、保険料が現在と比べても安くなりそうとの報道がございました。

 保険の加入時期については、“がん保険”など免責期間を設けている商品もありますので、判断に迷いますが、再び保険の見直しキャンペーンが再熱するかもしれませんね。

〈朝日新聞デジタルより抜粋〉
生命保険料値下げへ 来年4月以降、運用利率の規制改定

金融庁は、生命保険会社が新規の契約者に対し保険料を安くできるように、運用利回りに関する規制を改める方針を固めた。現在の規制で保険料が今春から値上がりすることが決まり、このままでは消費者の「生保離れ」を招きかねないからだ。来年4月以降は、保険料が現在と比べても安くなりそうだ。