アメーバニュースにあったコチラの記事 、興味をもちました。年収150万円で僕らは自由に生きていく という本を紹介してあります。共感する部分もあれば、そう?と思う部分もあります。

・年収400万円を稼ぐために、毎日心身を削りながら、うつ病になりかけてまで会社に勤めるなんて働き方は望ましくない

・大事にしなくてはいけないのは、「年収半分でも、取り組みたいと思える仕事を選ぶ」こと。
死ぬまで働くのならば、お金のためだと我慢を続けるよりも、「やりがいを感じられる、いきいきと取り組める仕事」を選んだほうがいい

  という2つの部分には共感します。

  お客様とライフプランを考える時に、それぞれお金の使い方に対して価値観の違いをいつも感じるのですが、お金の使い方に、なにが正しくて、なにが間違いということなんてないと思います。

  外食を控えて自炊、移動は自転車、外飲みより家飲みを選ぶなどの節約をすれば…とありますが、これらのことを節約と考えると苦しいかもしれませんが、楽しいと感じられれば生活に充実感が生まれるのかもしれませんね。

  お金持ちが必ずしも幸せとは限らないし、お金がなくても感じられることもあるでしょう。

  ただ、ここでいうお金持ちって…、どのくらいをお金持ちというのでしょうね。ここもまた、人それぞれなのでしょう。