先日、シングルマザーになって4年目の方に児童扶養手当(母子手当)のことを話している時に「寡婦控除(かふこうじょ)って何?」との質問が「え?寡婦控除申請してなかったの???」と慌てて、手続きの説明をしました。

  シングルマザーさん、シングルファーザーさん、手続きを忘れていると大ソンするので一度ご確認くださいね。

●寡婦控除(かふこうじょ)って何?

  シングルマザーの支援制度はたくさんあるのですが 「寡婦控除」は離婚したシングルマザーの支援制度 のひとつです。シングルファーザーの場合は「寡夫控除」と書きます。簡単に言うと、税金を少し安くしましょうという制度です。

●さらに税金が安くなる!「特別」寡婦控除

  税金が安くなると、家計が助かりますが 所得500万円以下の場合はさらに安くなる、 「特別寡婦控除」があります!所得にもよりますが、年間4万~13万安くなりますよ。詳しくは、お近くの税務署にお問い合わせくださいね。

  これだけでも、ありがたい制度ですが 税金が安くなるだけでなく 支払う税金額によって料金が決める 「保育料」にも影響してくるのです。税金が安くなった分、保育料も安くなるのですね。保育料については、お住まいの自治体で料金設定が違いますので保育課などに 確認してみてくださいね。

●寡婦控除はいつどこに申請?

  昨年離婚された方は 会社勤めの方は、昨年の年末調整の時期までに 職場で申請すればOK。もし、年末調整に間に合わなかったり 自営業の方は、今年の2月から始まる確定申告の時期に 税務署に申告すればOKです。忘れないように手続きしましょうね。

  会社で無事申請できているかどうかは2012年の源泉徴収票を会社でもらう時に「寡婦控除」の欄を見てくださいね。

  私自身、離婚前はシングルマザーの支援制度と言えば 児童扶養手当(母子手当)ぐらいしか 知らなかったのですが 税金や保育料など 日々の家計に影響してくることを実感すると シングルマザーの支援制度は本当にありがたいな と思います。

  他の支援制度も、これからご紹介していきますね。