保険会社は被害者のために一生懸命動いてくれない

  突然の交通事故被害者になられた方とご家族にとって、問題解決に向かって何をしなければならないかについて、ほとんどの人が解らず悩まれておられます。一生の内で1度、逢うか逢わないかの交通事故問題について、相談する場所も相手も解らないのが普通だと思います。

  そして、ほとんどの被害者が加害者の保険屋さんがどうにかしてくれると期待して相談し頼みに思っていますが、保険屋さんの「対応が悪い」と不信感を持ち、不満を持たれることが多いとよく聞きます。

  しかし、被害者、加害者、加害者加入の保険会社(保険屋さん)の立場をよく考えると「保険屋さんが被害者のために一生懸命してくれる」という期待は、被害者感情として、よく理解できますが、そのようなことは、「ほとんどの場合ない」といっていいと思います。

  保険屋さんは、保険会社の不利益となることについて絶対しませんし、加害者は、任意保険会社に賠償について、すべて任せていますので加害者が表面に出てくることはありません。加害者は、通常、保険屋さんが対応を始めたら二度と被害者の前に出てはきません。被害者は、問題解決について準備し勉強し又は専門家を頼み、自分で対応していかなければなりません。

交通事故に遭ったら被害者がまずやるべきこと

  では、被害者にとって事故当初は、なにをして、いかなければならないでしょうか?

  まずは、しっかり治療のため専門医のいる病院に通うことです。事故の大小に関係なくまじめに治療をすることが必要になります。

  これが、被害者にとって将来の問題解決のすべて場面において、実利として帰ってきます。

  なぜならば、身体を治すためにも事故当初の治療は、大変に重要であり早期の社会復帰のためにも必要です。

  また、後遺障害が残るような事例の場合は、事故と後遺症との因果関係を証明するために病状の一貫性等が必要となり、途中で治療を大きく開けて通院等をしていない場合やまじめに治療していない場合には、事故との因果関係を疑われて非該当や予想される等級よりも下の認定結果となることがあります。これに異議申し立てしても、治療を真面目にしていない場合等は、認められることが難しくなります。

  また、一般的に保険屋さんは、治療を真面目に行っていない場合には、後遺症の症状が残っていても治療中止について言ってきます。これも、後遺症の因果関係がなくなったと考えて治療の必要性がないということで被害者の治療を止めさせようとします。保険屋さんの治療中止の理由は、これだけではありませんが、ここであわてて被害者が治療に行っても、後の祭りとなります。

  身体を直し、社会復帰を果たすことが目的であり、後遺症の認定をされることが目的ではありませんが、後遺症が残った場合は、適正な後遺障害を認定してもらい適正な賠償額を請求することができるためにも必要であり、重要なことになります。

  まずは、治療に専念することは、被害者が最初にやるべき重要なことなのです。