毎月の家計が火の車もしくはカツカツの状態で、全然お金が貯まらないとなげいていらっしゃる方も多いのではないのでしょうか。

  全くストレスを感じることなく誰でもお金を貯める方法がたったひとつだけ存在します。それは、お勤めの会社で加入できる財形貯蓄を利用する方法や銀行や郵便局などで定期積立を活用する方法です。

  私はこれを「自動的な積立貯蓄」と呼んでいます。一度手続きを済ませてしまうと、来月からはあなたのかわりに会社の福利厚生担当者や銀行・郵便局などが忘れることなく自動的に積立をしてくれます。

  自分が汗水たらして働いて得た大切なお給料は、「まず、自分自身に支払う」こと、つまり自分自身のために一部のお金を自動的に貯金しておき、残りのお金で生活することが大切です。この言葉は私の好きなアメリカの資産コンサルタント、デビッド・バック氏の言葉です。

  私は過去も現在も年収のほとんどが200万円台もしくは300万円台です。失業による100万円台が1回、一時的にお給料が多かった400万円台が4回ありましたが、平均すると350万円程でしょうか。リストラも2度も経験していますので、今はやりの言葉で言えば、完全な負け組です。

  それでも自動的な積立貯蓄を10年以上継続することによって40代の私の預貯金はすでに1,000万円を超えております。だれでも簡単にでき、だれでも貯金体質になることができます。皆様も自動的な積立貯蓄をぜひ試されてみてはいかがでしょうか。