掛け捨ての保険、もったいなくて入れません。だけど掛け捨てじゃないと保険料が高くて…

  というお客様の声を耳にします。

  私も同感です!大病するつもりも予定もないし健康診断にだってちゃんと行っています。だけど、保険に入らないのは不安なんです…。だからといって安心料みたいにもらわない予定の保険に保険料を払い続けるのは…ね。

  だけど私は掛け捨ての医療保険に加入しています。元が取れる可能性が高いと判断したからです

元が取れる可能性

  例えば私の加入している保険、楽天生命のピンポイントの場合。一泊二日以上の入院に一時金10万円。終身保障で50回まで受け取れます。とてもシンプルな保険です。

保険料は男女同額で
 30才 : 毎月1,480円 / 年間17,760円
 40才 : 毎月1,710円 / 年間20,520円
 50才 : 毎月2,120円 / 年間25,440円
 60才 : 毎月2,810円 / 年間33,720円

すごく単純に10万円を年間の保険料で割ると
 30才 : 約5年半
 40才 : 約5年
 50才 : 約4年
 60才 : 約3年

  この期間に一度、一泊でも入院したら支払った保険料が戻ってきてしまうんです。もちろんそれ以上の回数入院したら金銭面ではお得ということです。

ご自身のおっちょこちょい具合、健康具合は…?

  さぁ、ここからはご自身のケガや病気との相談です。30代の私は、今より体力が確実に落ちる今後の5年間のうちに「もしかしたら自転車で転んだりしてケガしちゃうかも…」「風邪をこじらせてしまうことがあるかも…」とちょっぴり不安だったので、これは私にとっては「掛け捨ての保険ではないかも」と判断をしました

  掛け捨ての保険でないと保険料が高くなり、家計を圧迫してしまう可能性が多いにあります。圧迫しているからといって解約すると元本割れしてしまう可能性がますます高くなります。

  掛け捨ての保険もご自身ならではの検証をして上手に利用していただけたらと思います。最後まで読んでいただいてありがとうございました。