お金は稼ぐのが大変ですが、使ってしまうのは非常に簡単です。そして、節約には苦痛を伴いますが、浪費には快楽を得る場合があります。お金って魔物ですね…使う人間によって顔色を変えてくる…

  お金だけで幸せになれるわけでありませんが、お金で防げる不幸は存在します。ようは、使い方です。お金を使っているのか?それとも、お金に使われているのか…(ちなみに、私の名刺には「お金だけで幸せは買えないが、防げる不幸はある」と印刷されています。どうでも良い話ですけれども…)

  生活をしていくため、今よりより良い生活をするために、あなたもたぶんお金には必死になることでしょう。私も例外ではなく、生活をするためにお金に執着しています。ですが、このお金ってそんなに価値があるのでしょうか?

  例えば、一万円札ですが、日本国内では何処でも通用するのでしょうが、海外に行った場合には通用しますでしょうか?

  もちろん、現地にて両替をし現地通貨に変えたならば、一万円札は形を変えて通用するのでしょうが、一万円札をそのまま出しても現地では相手にされないことが多いでしょう。逆にあなたがお給料や買い物をしたときのお釣りに、日本円以外の通貨を渡されたらどうしますか?

  一万円札って日本国内では幅を利かせていますが、海外に出ていってしまえばただの紙切れ…日本国内でしか通用しない内弁慶的な存在だと思いませんか?

  所詮、日本国内のみで一万円札は一万円札の価値を見いだせるだけの一万円札。一万円札には【信用】の裏付けしかないんです。紙切れに『一万円の価値を与える!』と日本銀行が言い切っているだけ。一万円札の製造原価は16円~20円と言われています。ですから、本来20円程度の価値しかないのですが、一万円の価値を【信用】という何の実質的な保証の裏付けに、勝手に有難がっているだけなのです。

  あなたの財布の中に、一万円札10枚が入っているとしましょう。日本国内では【信用】がありますから、10万円の価値が存在しますが、実質的には200円の価値しか無いわけです…

  知ってしまえば一万円札と言うのは大変怖いモノです。20円の実質的な価値しかないモノを500倍の価値を負荷しているわけですから。ですから、実質的な価値の低いものに振り回されることなく、あなたらしい人生を楽しんで下さい。そして、あなたの人生を楽しくするためにお金を活用して下さい。