お金を借りる

  『お金は絶対に借りないほうがいい?』 あなたのライフデザインの実現のために、お金を貯めるだけではどうしても足りず、お金を借りる場合があります。借り入れをすることもときには必要なのです。ですから、借り入れに関する基礎知識を備えておくことは、とても大切と言えます。また、安易な借り入れはトラブルの原因にもなるので、注意が必要です。

戦略的な借り入れで「時間を買う」

  それでは家を買う時、お金を借りない場合と借りる場合でシュミレーションしてみましょう。

Q)3,000万円の家を買う場合

A)手持現金のみで購入する

  3,000万円を貯金しなくてはなりません。
 
  仮に1%の利回りで運用できるとして、毎月10万円ずつ積み立てていった場合、3,000万円貯金できるのは22年後となります。

※これでは、お金が貯まって家が買える頃には、家族構成が大きく変わってしまい、家そのものが必要なくなっているかもしれませんし、インフレあるいは地価の上昇で、3,000万円で家は買えなくなっている可能性もないとはいえません。

B)住宅ローンで3,000万円を借りる

  仮に、A)の例と同じく22年で返済したとしましょう。こちらは借りる側ですから、年利2%で借りたと想定しましょう。その場合、3,000万、22年、年利2%の返済月額は、約14万円になります。

  ここで、

A) 貯めてから22年後に買う場合の、月の貯蓄額10万円
B) いまお金を借りてすぐに家を買う場合の、月の返済額14万

  この差額4万円が、「22年後でなければ買えないものを、いますぐ買える」こと、つまり「時間を買う」ことの対価になります。

  【戦略的な借り入れ】⇒【有限の人生の中で、ライフデザインの実現のため効果的な手段】

利息は額ではなく、年利で把握しよう!

  家を購入する際は、慎重にシミュレーションをして利息額を計算する方が多いです。しかし、ちょっとした金額の利息については安易に見過ごしてしまう傾向もあります。

  仮に、「10万円を1ヶ月間借りると、利息は1,500円です」とあったとします。この利息は、安いでしょうか、高いでしょうか?

  利息は年利が基本です。1ヶ月1,500円なら、1年では1,500円×12ヶ月=18,000円となり、この利息を計算すると、18,000円÷100,000円=18%になります。

  ところで、普通預金にお金を預けると、一般に利息はわずか0.02%です。18%の借入利息は、0.02%の預入利息のなんと900倍にもなります。

  1,500円と言うと、安いような気もしますが、こうして計算・比較すると、とても高いといえるのです。