下図は、日本を除くアジアの先進国の株価指数の動きです。期間は2012年6月30日~2013年6月28日で、香港ハンセン指数(黄色)、シンガポールST指数(ブルー)、そしてオーストラリアのS&PASX指数に連動するETF(紫色)の動きです。

  オーストラリア株価指数は、昨年後半から年初にかけて上昇し5月には25%上昇しましたが、6月に入り急落しました。ただし、1年間で15%上昇のレベルは確保しています。シンガポールST指数は、昨年下半期は上昇していますが、その後ずるずると下降、6月には香港と同時に急落し5%を超えるレベルに留まっています。

  香港ハンセン指数は、昨年下期は振るわず、11月中旬から上昇し今年に入ってからは、そのレベルを維持していましたが、やはり6月に急落しています。極東の3国の株価指数は日本のそれに比べ低調で、台湾加権指数(黄色)、中国の上海総合指数(ブルー)、韓国総合指数(紫色)の2012年6月30日から2013年6月28日の動きです。

  上海総合は中国景気の鈍化や6月の短期金利(シャドウバンク等の影響)の急騰により、昨年6月のレベルは維持できずに、当該年間でマイナスとなっています。三国の中では台湾の動きが、年明け以降顕著です。6月末の反発で10%の上昇に手が届きました。韓国は昨年が上昇が5%超レベルで推移していましたが、6月には一時マイナスレベルに落ちてしまいました。

  下図は、オセアニアとそれに接するインドネシアの株価推移です、期間は2012年6月30日~2013年6月28日で、ニュージーランドのNZ50(黄色)、オーストラリアASX(ブルー)とインドネシア総合の動きです。

  ニュージーランドは、5月末まで一直線に上昇、6月も下落幅が小さく30%上昇を維持しています。インドネシアとオーストラリアはニュージーランドに遅れて上昇し6月の下落でオーストラリアは15%、インドネシアは20&を超えています。

  下図は、ムンバイSENSEX指数(黄色)、マレーシア総合指数(ブルー)とシンガポールST指数(紫)の動きです。期間は2012年6月30日からの1年間です。今年に入りってもマレーシア総合の低調さが顕著でしたが、5月に入り上昇し6月にも横ばいを続けたことから、結果として10%の上昇になっています。ムンバイとシンガポールは本年に入り上昇を続け15%を超えたのですが、6月の急落で5%台に戻ってしまいました。

  アジア各国の株価、同一の動きではありません、それぞれの国の特性に合わせ、投資の分散が必要と思います。

このコラム又は回答は、投資判断の参考となります情報の提供を目的としたものであり、有価証券の取引その他の取引の勧誘を目的としたものではありません。投資による損益はすべて読者・ご相談者ご自身に帰属いたします。投資にあたりましては正規の目論見書、説明書等をご覧いただいたうえで、読者・相談者ご自身での最終的なご判断をお願いいたします。