2014年4月1日から消費税が8%となることから、各方面で様々な動きが出ています。

  例えば大きな買い物として代表的な住宅。引渡しが2013年3月31日までに終われば、5%でよい。また、注文住宅に関しては、2013年9月30日までに請負契約が済んでいれば、引渡しが2013年4月1日以降であっても、消費税は5%が適用される。

  このようなことで、業界関係者や住宅取得を検討されている方は、その話題に敏感になっているようです。

  さて、住宅の取得と言いますと、その消費税増税の税率と実施時期が決まってますよね。ですから、増税前と増税後のシミュレーションがしやすい。

  だから、「増税前に買わなきゃ!!」という家を建てたい人にとって、それがモチベーションとなり行動を起こします。

消費税増税と住宅ローン金利上昇、どっちが大変?

  ところで、その家を立てるにあたり、消費税と同じように負担が気になる住宅ローン金利はどうでしょうか?

  消費税が5%⇒8%と3%も上がると大変・・だとまずは考えますよね。

  では、住宅ローン金利が、例えば1%上がったらどうなるのか?その影響ってどうなのか?これが実はあまりピンと来ない方が多い。

  ちなみに2000万円の住宅を取得、消費税増税分3%と住宅ローン金利が1%上がった場合のその与える影響を比べてみます。

 消費税

  2000万円 × 5% = 100万円
           8%   160万円
              60万円の負担増

 住宅ローン

  借入額 2000万円(全額借入と仮定) 35年返済で 
  金利全期間固定 2% と 3%で比較

  2%の金利負担  毎月返済額 6.7万円 金利負担 783万円
  3%                  7.7万円       1233万円
                                 450万円の負担増

  以上、一概に比較は出来ないのですが、敏感にならないといけないのは消費税よりも、むしろ金利なんですね。
  
  ところで、金利が安いからと言って、変動金利に飛びつくのはこれからは危険。それこそ金利上昇が予想される中で、そのリスクを知らないまま変動金利を選ぶのは危険。

  上のシミュレーションでわかるとおり、金利が1%上がると返済額が1万円も増えるんです。よく考えましょう。