今日は消費税増税前に動きのある、住宅関連の住宅ローンについてお届けします。

  住宅ローンは通常、銀行に相談するのが一般的ですよね。また、相談する前に、なるべく条件の良いところで借りたいということで、複数の銀行の住宅ローンをチェックするケースが多いと思います。そして借りる銀行が決まったら相談に行きます。

  そこで注意点をひとつ。

  銀行で扱っている住宅ローンは基本、「変動金利型」です。

  その中で、

  3年固定
  5年固定
  10年固定

  などの当初数年間は固定金利を選択出来るものもあり、その後期間満了後に再度見直しを選択できる、目先の金利負担が軽いこれらのタイプが主流となっているようです。

  そして銀行はこれらのタイプを当然のように案内しますが、これであなたにとって有益な情報が全て提供されているでしょうか?

  そう、賢いあなたならよくお分かりかと思いますが、「固定金利型」の住宅ローン、つまり「フラット35」の話が無い・・

銀行が「フラット35」を積極的に案内しない理由

  政府日銀がタッグを組んで、2%の物価上昇の目標必達を掲げている現在。合わせて金利の上昇が視野に入っている真っ只中に、銀行も扱っているフラット35の案内が無いのはおかしいですよね。

  ですので、もし銀行がその話を出して来なかったら、

  「固定金利型の住宅ローンはありませんか?」と、ツッコミ入れてみて下さい。そうするとたぶん、様々な理由をつけて話を聞かなかったことにするかも(笑)

  さて、銀行ではフラット35も扱ってはいるものの、代理店として扱いとなるため、結構消極的なんですね。

  また事務手続きなども、銀行の住宅ローンに比べると面倒だったり(銀行にとって)。

フラット35を借りるなら、銀行以外が良い

  そんなところなのですがもう一つ注意点を。

  もしあなたが金利の変動リスクを避けるために、どうしてもフラット35で住宅資金の手当をしたいと思ったら、銀行で借りることは避けたほうが良いかもしれません。

  なせかというと・・金利が高いからです。

  ちなみにこの「金利が高い」とは、同じフラット35でも扱っている場所によって金利に差があるということで、銀行は概ね高いのです。

  ですからフラット35を借りるなら、銀行以外が良いということが言えるんですね。