私の『住宅ローン借り換えセミナー』に来られたお客様に『人生最大の買い物は?』と尋ねると、殆どの方が『マイホーム』とお答えになります。しかし、実は正解は『住宅ローン』なのです。

 マイホームが3,000万円とすると、住宅ローンで借りた場合の返済総額は約5,000万円にもなり、マイホームよりももっと大きな買い物になります。それなのにマイホームを建てられる多くの方がマイホームの検討には何ヶ月も時間を掛けて、住宅ローン選びは人(住宅会社の営業マン)任せにしているのです。

 その為、住宅ローンは最初に借りたきりそのままで、この超低金利の時代に、高い金利を払い続けている方達を沢山お見受けします。

 もし仮に金利を1%圧縮できたとすると、5,000万円の住宅ローンの返済総額を約700万円も圧縮できるのです。サラリーマンの生涯所得を約2億円とすると、住宅ローンに支払う5,000万円は生涯所得の1/4に相当します。

 昔の様に給料が増えていかない現在、家計の見直しには最も大きな支出である住宅ローンを見逃すわけにはいきません。住宅ローンに少し関心を持つだけで、沢山のお金ができて、すごく幸せな気分になるお客様が沢山いらっしゃいます。

 人生最大の買い物が何かを忘れないで下さい。(執筆者:竹下 秀一)