前回借りてい良いローンは住宅ローンだけで、できれば住宅ローン以外のローンは借りない方が良いとお話ししましたが、今回は、住宅ローン以外のローンを借りない方法についてお話します。

住宅ローンの繰り上げ返済はいつ行うべきか

 ローンを借りない為に必要なものは『お金』です。そこで問題なのが『住宅ローンの繰り上げ返済』です。

 少しでも早く住宅ローンを返済しようと、まとまったお金が貯まる度に繰り上げ返済をする方がいます。これでは家計はいつも金欠状態です。何かあればローンを組まなくてはなりません。

 住宅ローンの繰上げ返済は明日から給料やボーナスが貰えなくなる日(即ち定年退職の日)に一度だけ行って下さい。決して全額完済する必要はありません。年金で払っていけないと思われる分だけで結構です。

 なぜなら、住宅ローンは借りても良いローンだからです。

住宅ローンでリフォームをする

 次に問題なのが、マイホームのリフォーム資金です。リフォームをされる方の約8割の方が現金でリフォームをされています。マイホームのメンテナンスは10年サイクルで100~200万円程の費用が発生します。都度現金で支払っていては家計はいつも金欠状態です。

 そして残り2割の方はリフォームローンで借りています。リフォームローンは住宅ローン以外のローンなので、2割の方達は既に住宅ローン以外のローンを借りてしまっています。

 現金でもなくリフォームローンも借りない方法とは、住宅ローンでリフォームをするんです。

 しかし、住宅ローンは既にマイホームを建てる時に借りています。だから、住宅ローンを借り換えるんです。借り換える時にリフォーム資金も一緒に借りれば住宅ローンでリォームができます。そうすると、住宅ローン以外のローンを借りなくて済みます。

 できるだけローンは住宅ローンだけにしたいものです。(執筆者:竹下 秀一)