みなさんは、「エンディングノート」という言葉を聞いたことがありますか?

 私がエンディングノートと出会ったのは、本屋さん。税理士事務所で勤めている私は、「相続」に関しては切っても切れない関係…そのため本屋さんで見かけたこの本を手に取りました。「相続」で「遺言状」というのは見たことがあったのですが、「エンディングノート」は初めてで、衝撃を受けました。

 『なんてわかりやすいんだろう…。』

 「相続」はよく「争族」ということを言われます。残念ながら、この意見を打ち消すことができません。争いになるのは、「お金持ちさん」ではなく「小金持ちさん」なんです。つまり、少額の財産でもめるのです。

 少額なため相続税もかからないので、その当事者が倒れるまで、または亡くなるまで、何にも考えていない、ということが普通です。そこで、その時になって、次のような問題が起こります。

(1) 誰に連絡するの?
(2) 連絡先はどこ?
(3) 入院保険または生命保険はどこに加入しているの?
(4) どこの銀行に口座を持っているの?
(5) 延命治療はどうしたいの?
(6) どんなお葬式をしたいの?
(7) 財産をどんな風に分けたいの?
(8) 相続人等に伝えたい言葉は?

 など。そんなこんなをまとめられるのが「エンディングノート」なんです。「エンディングノート」だから「高齢者」が書くもの、と決めてないですか?

 「エンディングノート」は年齢にとらわれず、書ける気軽なものです。思いがけないことというのは、いつ誰にやってくるかわかりません。1年に1度、このノートと向き合って見るのはいかがでしょうか。思いもよらないことに気づかされるかもしれません。(執筆者:宮島 千佳)