日本を襲う「過去最大と過去最少」 近づく最悪のシナリオ

 こんにちは! さて、先般、日本にとって、とても重要な“過去最大と過去最少”の数値が発表されました。

「国の借金」が過去最大

 まずは、財務省によれば、2013年末時点のいわゆる「国の借金」が、“過去最大”の1017兆9459億円にまで膨らんだと発表がありました。

 内訳は、国債が849兆円、借入金が55兆円、政府短期証券が114兆円などとなっています。昨年9月末から3カ月で、6兆7673億円も増加しました。そして、国民一人当たりの借金もついに、約800万円にまでなってしまいました。

 さらに、財務省の試算によれば、2014年度末の借金残高は1143兆円と、今年度末に比べ100兆円以上の増加が見込まれています。まさに、“雪だるま”状態といえるでしょう。

「経常収支の黒字」が過去最少

 一方、同じく財務省の2013年の国際収支速報によれば、日本の経常収支は、3兆3061億円の黒字ではありますが、前年比31.5%もの減少となりました。これは、比較可能な1985年以降、“過去最少”の黒字額となっています。

 こちらは、言うまでもなく、原発停止の影響からエネルギー輸入の大幅増加とともに、昨年からの円安傾向によって、一気に貿易赤字が膨らんだのが最大要因です。輸出から輸入を引いた貿易収支は10兆6399億円の赤字で、3年連続となっています。

 一方、経常収支の中で唯一黒字の所得収支は16兆5318億円の黒字で、こちらも3年連続で増加しています。ただし、所得収支の黒字を上回る勢いで、貿易赤字が拡大しているため、2013年12月単月での経常収支は、6386億円の赤字となっています。

 さらに、今年に入り、1月の貿易統計速報によれば、貿易収支が、何と単月で“2兆7899億円”もの赤字となりました。今まで過去最高だった昨年1月の1兆6335億円を、1兆円以上上回る大幅な赤字となっています。これで貿易赤字は、19か月連続です。このままの傾向が変わらなければ、2014年はいよいよ年間を通して、経常収支が赤字に転落する可能性も出てきました。

 国に必要な「お金」が日本国内だけで賄えなくなる状況が迫ってくる中、国の借金だけは膨張を続けています。「最悪なシナリオ」は想定したくはありませんが、“過去最大と過去最少”がこのまま続くようだと、現実視しなければならない日も近いかもしれませんね。(執筆者:荒川 雄一)

この記事を書いた人

荒川 雄一 荒川 雄一»筆者の記事一覧 (46) http://www.ifa-japan.co.jp/

IFA JAPAN®株式会社 代表取締役社長兼CEO 国際フィナンシャルコンサルタント
投資顧問会社 IFA JAPAN®株式会社ほかリンクスグループ3社の代表を務める。中小企業診断士、日本FP協会認定CFP®。現在、金融機関に影響を受けない独立系ファイナンシャルアドバイザー(IFA)として、国内外の金融商品を用いた「海外分散投資」や「モデルポートフォリオ運用」を専門としている。中でも、海外ファンドを用いた「ポートフォリオ・マネジメント・サービス(PMS)®」の評価は高い。また、投資教育にも力を入れており、国立高知大学非常勤講師など、講演回数700回以上。日本経済新聞ほか、各マネー誌など執筆多数。
【寄稿者にメッセージを送る】

荒川 雄一の著書

今、あなたにおススメの記事
本サイトの更新情報をfacebook・Twitter・RSSでチェックしましょう
この記事が気に入ったら、いいね!しよう

このページの先頭へ