もうすぐ4月、消費税UPを気にされて買い物対策をされていることとおもます。「3月のお買いものラストスパート対策」をご紹介します。

3月中に買っておいた方がいいもの

 車や家などは既にみなさん検討済みだと思いますが3月中に買っておいた方がいいのは「ちょっとした金額の支出になるものでなおかつ4月からのセールによって価格が落ち込まない」ものです。

 例えば

・電車の定期券
・新幹線乗車券
・遊園地・水族館、映画館などの年間チケット

…などはご存知の方も多いのではないかと思います。4月に乗車する回数券などでも3月中に購入すると5%ですね。

他にはどんなものあるでしょうか?

他にも

・化粧品類
・使い捨てコンタクト
・美容院
・プリンターのインク
・インプラント、歯の矯正など保険適応外のもの

 などが挙げられます。

 その他、毎日使うトイレットペーパー、紙おむつ、洗剤、…考えるとキリがないですね。

 でも、買い過ぎには十分注意してください。窓口やレジが込むことも想定されます。お買い物の「時間」も計画的にして、時間の無駄にも注意しましょう!

何を買い残せばいいのか…?

 ある程度まとまった金額の支出と言えば「家電」です。洗濯機・掃除機・冷蔵庫・電気ポット・トースター…など、家電類は、まとめて購入する場合が多いですね。故障の時期もだいたい似たりしてくるので、買い替え時期も重なってきます。しかし、これは4月以降値下がりする可能性もありますので購入は慎重になさってくださいね。(執筆者:小山 智子)