持家と賃貸のハーフという事を聞いた宮坂さんとしげちゃんは、詳しい事を早く知りたくって、次の日に幼馴染の渡辺さんの家にきている。行動が速いって、なーに、定年して、サンデー毎日の3人にとって現役時代のスケジュール調整なんて言葉も死語になっている。えー。余計なこと言うなって。失礼しました。

 二人が訪ねると、天気が良いので渡辺君は、庭いじりをしていた。一通りの挨拶を終えると宮坂さんは待ちきれずにハーフについて質問した。

宮坂さん:「渡辺君。土地を借りて家を建てるって事について教えて欲しいんだ?」

渡辺君:「まず、何故このハーフを選んだかについて説明すると、最初は土地を買う事を考えたんだ。この場所で土地を50坪買うと坪当たり60万なので3000万円の土地代。それに、二世帯住宅を建てるとすると、建物の面積が38坪とするとガレージや塀なんかを含めると2500万円で合わせて、5500万円が必要になっちゃう」

しげちゃん:「建売で買った家を売って、頭金にして、息子と力を合わせれば買えたんじゃないの?」

渡辺君:「そうなんだよ。買う事も検討したんだ。古い家がいくらで売れるか不動産業者に聞いたら、30坪の土地と築25年で28坪の建物を合わせて1800万円。5500万円の足りない部分を息子に3700万円の住宅ローンを借りて貰えば買えるという事で息子夫婦と話し合ったんだ。」

宮坂さん:「3700万円の住宅ローンって毎月どれぐらい返す事になる?」

渡辺君:「35年返済、金利2%で月々123,000円位なので息子夫婦は返済できると考えたようなんだけど….。その場合は、夫婦共稼ぎで子供一人で我慢して頑張るしかないな~。って息子が言うんだ」

宮坂さん:「俺たちもそうやって住宅ローン返済を頑張ってきたじゃないか。持ち家を持った時のうれしさを何度も思い出しながら、家族旅行や趣味にも目もくれず直向きに頑張ってきた。住宅ローンの返済が終わった時に何とも言えない安堵感を味わったよな。」

しげちゃん:「そうだよ。みんなそうやって来ただろうし、これからもそうなんじゃないか?それが嫌ならズーット賃貸という選択をすればいいんじゃないか?」

渡辺君:「このハーフの話を持ってきてくれたのは、住宅展示場に努めている息子の友達なんだ。息子は、家づくりに3つの希望を伝えたんだそうだ。一つは、二世帯住宅、2つ目は駐車スペース2台。再生エネルギーの活用。そして、最重要のテーマが“人生をエンジョイ”ってお願いしたそうだ」

渡辺君:「二世帯住宅を希望したのは、親子で協力しあって暮らしたいということ。子供を見ていて貰いたいときもあるし、一緒に食事もしたいし、先々、親の介護を考えた場合も都合がいい。息子夫婦は、二人とも小学校の先生なので転勤が多い。それぞれが車での通勤となるので2台の駐車場確保したい。太陽光発電やガスでの発電をする事で、日々の光熱費コストを抑えたい。だったんだ」

宮坂さん:「渡辺君、俺んちも娘から家を建てたいという相談を受けたんだが、同じように出来るだろうか? 資金計画の事も教えてよ」

渡辺君:「土地を借りる時に必要となるお金は、保証金と言ってアパートの敷金みたいなんだけど、土地を買った場合の価格の約20%を預けたんだ。家の場合は、土地を買った場合は3000万なので600万円で毎月の地代は2500円を払うんだ。」

宮坂さん:「アパートの敷金は、退出する時に返してくれるけど、600万円もかえしてくれるのかい?」

渡辺君:「そうなんだ。50年間土地を借りた場合に、最後に建物を壊して土地を地主さんに返せば、引き換えとして返して貰う事になっているんだ。保証金というお金は、私が古い家を売った1800万円のお金から払って、建物費用の2500万円の内の1000万円も払う事が出来たので、息子の住宅ローンは、1500万円ですんだんだ。」

 最初は、興味を示さなかったしげちゃんも身を乗り出してきた。

しげちゃん:「1800万円の内、1600万は家の取得費用に充てて、200万は残ったんだ。」

渡辺君:「200万円は、息子夫婦との旅行費用に使わせてもらおうと考えているんだ。息子も月々の住宅ローンが50,000円となり支払いが楽になった分。子供ももう一人作ろうかと考えている様だ」

宮坂さん:「もっと詳しく知りたいので、相談にのってよ」
え~。紙面がないそれでは続くのこころだ~。(執筆者:岩宗 繁樹)