お仕事をしていると、銀行に行く時間はそう簡単には作れませんよね。

「公共料金の引落日までにお金を移すのを忘れてた!」

「急にお金が入り用になったんだけど、銀行の営業時間中に貯金の解約に行けなかった…」

 皆さんにも、こんな経験はありませんか?

 少しくらい遅れても大丈夫、というものもあるかもしれませんが、全てが遅れても平気なものではありませんよね。

 もしそれがクレジットカードの支払いだったら。もし引落しが遅れたことにより延滞金が発生するものだったら。クレジットカードにおいては、再引落が出来なかったら信用情報に『×』がつきかねません。本来払わなくて良い延滞金を払うのももったいないですよね

 本日はこんなときに役立つ、通帳の便利機能についてです。

「自動借り入れ」機能

 自動借り入れとは、普通預金の残高が不足した場合に、定期預金や公共債を担保に自動に借り入れができる仕組みです。

 定期性貯金を自動借り入れの対象にするには、総合通帳に付随する預け入れの項に預入する必要があります。貸付範囲は、定期預金預金合計額の90%以内で、かつ最高200万円までという銀行が多いようです。

メリット

 『そんな高額、借りるなんてまずないよ。』という方もいらっしゃると思いますが、例えば総合通帳に10万円の定期性貯金を預入すれば、普通預金残高+9万円までの出費には対応できます。

 つまり、本来の目的は貯蓄であるけれども、急な入り用や引き落としの際のお守りがわりにもなるということです。

 また、自動借り入れをした後の返済は、普通預金に入金をすれば自動的に返済が行われます。わざわざ窓口を介さずに借り入れも返済もできる点もメリットといえるでしょう。

デメリット

 もちろんデメリットもあります。

 それは、名義人であるあなたが銀行からお金を借りる、ということになるため、利息の支払いが必要になることです。本来自分のお金ではあるものの、普通預金とは異なる所に預入しているため、銀行は貸付利息を取るのです。

 『利息を取られるなら、普通預金に入れておいた方が良いじゃないか』

 このご意見ももっともだと思います。全ての資金を普通預金に入れていても、貯めるべきお金と日常生活に必要なお金とを明確にわけられるならこれは必要ないかもしれません。しかしどうでしょう? 多くの方が、使うことの無いようにと定期性貯金にする傾向があります。

 銀行によって貸付利息は異なりますが、カードローンやキャッシングを利用するより利息はかなり少なくなるので、急な出費用として考えてみるのも良いでしょう。もちろん中長期で借りる場合は、貯金金利と借り入れ金利の比較をして、どのくらいの期間であれば借り入れの方が有利か・どのくらの期間であれば解約した方がお得かを確認する必要があります。

※詳しい条件は利用前に銀行にお問い合わせください。

まとめ

 自動借り入れにはいくつかメリットがあります。

(1) 窓口を介さずに借り入れができる

(2) 公共料金等の引き落としのための資金移動を忘れても引き落としてもらえる

(3) 返済はATMで普通預金に入金するだけ

(4) 借り入れ利息も他のカードローンに比べて割安傾向にある

 という点です。

 実際に借りる際には、借り入れ金利の他に、貯金金利と借り入れ金利を比較し、どちらがより有利になるか検討してから利用すると良いでしょう。(執筆者:高橋 幸緒里)