1. がん保険の加入率

 平成24年「生命保険の全国実態調査」(生命保険文化センター)によると、生命保険の世帯加入率は90.5%(前回90.3%)、医療保険や医療特約の加入率も92.4%(前回92.8%)であり、前回調査から大きな変化はみられない。

 ところが、、「ガン保険・ガン特約」が62.3%(前回59.5%)と前回と比較すると、2.8ポイント増加。がん罹患率の上昇とともに「がん保険」によるリスク回避を考える方が前回調査より増えたということだ。

2. 保険のプロが加入するがん保険とは?

 インターネットや雑誌などで 「ファイナンシャルプランナーがすすめるがん保険」として 常に上位にランクインするがん保険がある。

 それは、「保険のプロが入る保険!」と密かに人気だったがん保険。

 その名は、『AIG富士生命 がんベスト・ゴールド』。

3. またしても人気のがん保険が販売終了となる

 顧客にとってメリットのある保険商品は、必ずと言っていいほど「販売停止」になる傾向がある。 AIG富士生命のがんベスト・ゴールドもそんな商品の一つ。6月いっぱいで販売終了となる!

 7月以降は「がんベスト・ゴールドα」という商品名になり内容も改定。先進医療特約の上限金額が2,000万円までに改定される。ところが、保険料は1.5倍~2倍に跳ね上がることに・・・

 「がんベスト・ゴールド」は、インターネットや雑誌などで、ファイナンシャルプランナーがすすめるがん保険として、常に上位にランクインしていた保険。

 AIG富士生命がマイナーな保険会社だけに、発売当時は今ほど認知度があったがん保険ではなかったが、近年、がん罹患率の上昇とともに、知る人ぞ知るがん保険として認知度がアップ。

4. がんベスト・ゴールドの特徴

1. 上皮内がん、皮膚がんなどでもがん診断金がおりる(複数回)
2. がん(上皮内がん、皮膚がん含む)と診断された段階で、保険料の払込が免除される
3. 主契約であるがん診断給付金のみでも加入ができる
4. 健康医療相談サービス(T-PEC)が利用できる

 1の上皮内がんや皮膚がんについては、現在販売されている各社のがん保険のほとんどが対象となっているため、それほどのメリットではないが、2の保険料の払込免除は、強烈なインパクトがある。悪性がんになった場合に払込免除になる保険会社はあるが、上皮内がんや皮膚がんでも払込免除になるがん保険はないのだ。

 3については、がん診断金、がん入院、がん手術、がん通院(退院)がパックになっているがん保険がほとんど。がん保険で一番助かる「がん診断一時金」のみで加入できる保険会社は、ほとんどないのが現状だ。

 4の健康医療相談サービスについては、被保険者本人と同居の親族であれば、医療や介護、また健康や育児についてまで幅広く相談ができるサービスと、セカンドオピニオンサービスも受けられる。

※新商品のがんベスト・ゴールドαでも利用できる

 コストパフォーマンスが高いがん保険を探している方は、6月までに検討された方が賢明である。(執筆者:釜口 博)