中高一貫教育へのニーズの高まりや独自カリキュラムの魅力もあり、私立中学への進学を考えるご家庭も少なくありません。「うちの家計で私立に通わせても大丈夫でしょうか?」というご相談もあります。そこで今回は私立中学に進学した場合、高校までの6年間でどのような費用がいくら位かかるのかについてご紹介します。

1. 授業料だけではない学校教育費

 学校案内などに掲載されている(1) 「入学金」「授業料」「施設費」の他に、(2) 諸会費や行事・学内活動に関連する費用、図書教材費用などの学校納入金、
(3) 制服や通学用品、通学交通費なども計算にいれておく必要があります。

学校教育費

 入学金は20万円~30万円程度のところが多いようですが、授業料は年間20万円弱のところから100万円を超えるところまでと幅があります。学校行事や学内活動に関する費用は授業料とは別となり、学内活動が盛ん、海外研修があるという場合には、このあたりの金額が高くなると考えられます。また入学時に購入する制服や通学用品も10万円程度だったという話もあれば50万円近くかかったというお話も聞きます。

 このように必要な金額は学校によって異なりますので、志望校のホームページなどでこれらの学校教育費についてお調べいただくことをお勧めします。

2. 私立中学高校の教育費の目安

 しかし、まだ志望校が決まっていない、あるいは中学受験を目指すかどうか検討しているという方には、大まかな目安として文部科学省の調査データが参考になります。

 私立の中学高校の学校教育費(給食費を除く)と学校外活動費(塾・スポーツ、習い事等)を学年別に表しています。

子どもの学習費調査データ

 (A)学校教育費には先ほどの(1) ~(3) までの費用がすべて含まれています。私立進学後「かかる教育費」と言っても良いでしょう。その平均額は、

中学では1年目130万円、2年目以降80万円強。
高校では1年目98万円、2年目以降5~60万円。

 中学の方が高くなっています。

 「なぜ高校の方が安いの?」と不思議に思われるかもしれませんね。これは、公立高校の授業料無償化に伴い、私立高校にも就学支援金として国から公立高校の授業料相当額(約12万円)が支給されているためです。

 但し、今年度から所得制限が設けられていますので、年収目安910万円程度以上の方は、上記金額に12万円を加算して計画していただくと良いでしょう。

 (B)学校外活動費は塾や習い事など、各自の判断で「かける教育費」です。中でも塾などの補助学習にかける費用は、公立中学の3年間の平均が22万円であるのに対し、私立中学では19万円となっています。公立の方が高くなっています。

 「塾や予備校に行く必要もないほど学校で面倒を見てくれたので、トータルで考えると私立中学進学は決して高くなかった」とおっしゃる方もいれば、「私立に通っても塾は必要」とおっしゃる方もいらっしゃいます。学校によって、お子さんによって、かける教育費の金額は異なります。

 「大学受験に備えて塾や予備校に行く必要があるか」「学校の授業について行くのが難しくなった時、学校でどこまでフォローしてもらえるか」など各学校の情報を得ておかれると良いでしょう。

 「うちの家計で私立に行っても大丈夫でしょうか?」といったご相談に対しては、キャッシュフロー表を用いて次のようなことを確認します。

●兄弟の教育費も合わせて高校までは月々の家計の範囲で賄えるか
●大学進学資金や老後資金などその他の資金計画と照らして無理がないか

 お子様の未来のためにも、まずは現在の家計状況を把握して、未来のお金の流れを確認されてはいかがでしょう。(執筆者:小谷 晴美)