「私は、○○の相続の時に相続放棄して、△△(親や兄弟姉妹等)に全部相続させてあげた」というお話を伺いますが、実は、この表現には大きな間違いがあります。相続の放棄とは、いったいどのようなことでしょうか? 遺産を相続しなければ、放棄なのでしょうか? 相続人が一同に集まって、遺産分割協議を行う中で、何も相続をしない場合は、「相続放棄」と言わないのでしょうか?

 …答えは、「相続放棄」とは言いません。それは、単に「何も相続しなかった」というだけです。

 相続の放棄とは、自分に相続する権利があることを知ってから3ヶ月以内(熟慮期間中)に家庭裁判所に『相続放棄』を申し立てて、はじめて相続を放棄したことになります。

相続放棄と何も相続しない場合との違いは?

 それでは、遺産分割協議によって、何も相続しない場合と相続放棄では、何が異なるのでしょうか?

 例えば、相続放棄をすると、放棄した者は、元々相続人でなかったとされるので、法定相続人に変化が生じたり、法定相続人の人数や法定相続分にも変化が生じます。また、被相続人に負債があり、相続人が債権者より弁済を迫られた場合、相続放棄をした場合は、当然にして、債権者に弁済をしなくてすみます。そして、このような観点から、相続放棄をした場合は、その者の直系卑属は、代襲相続をせず、直系尊属が債務を負う事にはなりません。

 一方、遺産分割協議によって、何も相続しなかった者は、債権者による承諾を得ない限り、遺産分割協議で何も相続をしなかったとしても、被相続人の債務を他の相続人と連帯して負わなければなりません。※当然として、限定承認している場合は除きます。

 但し、これは、民法上の話であり、相続税法上は、また取扱いが異なります。

相続発生前に相続放棄は可能か?

 また、よく耳にするのが、「私が両親の介護をするかわりに、他の兄弟姉妹から、相続放棄する旨の一筆をもらった」等というお話。いざ、相続が起きた時、果たしてこの相続放棄は、本当に有効でしょうか?

 結論から先に申し上げると、答えは、『No』。

 相続が発生する前に相続放棄する旨の書面を作成しても、それは、無効であり、単なる気休めにしかなりません。尚、間違いやすい点として、遺留分については、被相続人の生前に家庭裁判所の手続きを踏めば、放棄することが可能です。

 但し、この『遺留分の放棄』ですが、あくまで、『遺留分』の放棄であるため、被相続人が遺言を作成していなかった場合や、被相続人から生前に生前贈与や特別受益が無い場合は、遺留分の減殺請求の対象ではなく、遺産分割協議となるため、結果的には『遺留分を放棄』していても、何等、意味をなしません。(執筆者:佐藤 雄樹)