皆さん、こんにちは。今日は「株式投資の基礎」というテーマで述べたいと思います。

 皆さんの中には、株式投資を実際にされている人もいるでしょうね? そのような方にとっては、これから述べる事は当然ご存じだと思いますが、再度株式投資の正しい知識を確認してみて下さいね!

そもそも「株式」ってなに?

 まず株式とは、「株式会社における出資者=株主の持分」を示すものです。この為、株式を購入すると、株主としての権利が発生します。

 主な権利には、

・経営参加権 : 会社の経営に参加できる権利
・利益配当請求権 : 会社からの利益配当を受けられる権利
・残余財産分配請求権 : 会社が解散した時に、残った財産を分けてもらえる権利

があります。

「株価指標」とは

 次に、新聞・TVでよく聞く代表的な株価指標についての説明をします。

日経平均株価

 「日経平均」又は「日経225」とも言われ、東証1部に上場している銘柄のうち、代表的な225銘柄の株価を平均し、連続性を失わせないように株価の権利落ち等を修正した平均株価(各銘柄の株価を合計して、銘柄数で割ったもの)の事です。

東証株価指数

 「TOPIX」とも言われ、東証1部に上場してる全銘柄を対象に、上場株式数でウェイトをつけた一種の時価総額(株価×株数)指数で、1968年1月4日の時価総額を100として、当日の時価総額を示した指数です。

株式投資をする上で重要な投資指標

 次に、株式投資をする上で重要な投資指標を説明します。特に「PER」や「PBR」は、株価のバリエーション(割高 or 割安)を見る時には欠かせませんから、よく理解して下さいね!

PER(株価収益率)=株価÷1株当り利益(EPSと言います)

 株価が1株あたりの利益の何倍になっているかを見る指標です。

PBR(株価純資産倍率)=株価÷1株当り純資産(BPSと言います)

 株価が1株あたりの純資産の何倍になっているかを見る指標です。

配当利回り=1株当りの配当金÷株価×100

 1株当りの配当金の株価(投資金額)に対する利回りをいいます。

配当性向=1株当り配当金÷1株当り利益×100

 会社が稼いだ税引き後の利益(当期純利益)のうち、どれだけ配当金として支払ったかの割合をいいます。「高(好)配当株投信」といわれる投資信託は、この配当性向が高い株を組み入れた投資信託をいいます。

ROE(株主資本利益率)=1株当り利益÷1株当り純資産×100

 株主資本(自己資本)をベースに、どれだけの利益をあげたかを見る指標です。

特殊な取引

 今度は、新聞等で目にするやや特殊な取引について説明します。

裁定取引

 例えば、株価指数先物取引における実際の先物価格と、先物の理論価格との価格差が一定水準以上に乖離した場合に、現物株式と株価指数先物のうち、割高な方を売りつけ、割安な方を買い付ける事により、利益を確保する取引を言います。一般的には「さや取り」ともいわれます。

信用取引

 証券会社に保証金を預けて、必要な資金を借りて株式を購入したり、株券を借りて株式を売却する(空売り)といった取引をいいます。ヘッジファンドの「ロングショート」「マーケットニュートラル」といった運用手法は、この信用取引を利用した運用方法です。ただ読者の皆さんは、信用取引は手を出さない方がいいですよ! 株で大損した人は、ほとんどがこの信用取引で損してますからね。

一般的な株式投資の投資手法

 最後に、一般的な株式投資の投資手法をざっと述べます。

デイトレード:日々売り・買いの取引を行い、翌日まで取引を持ち越さない手法です。

IPO:上場前の株を買い、上場直後に売って利益をだす手法です。よく新聞なんかで騒がれる資産運用の詐欺事件は、この手が多いです。

配当・株主優待重視:配当金や株主優待を目当てに、投資する手法です。

 他にも、仕手株狙い、テーマ狙い、チャート重視、アナリストレポートの推奨銘柄狙い、等いろいろあります。

 これから株式投資をやろうと考えてる人は、まず自分に合った投資手法を見つけて、それから行うようにして下さいね! 既に株式投資をやられてる人も、今までの結果(リターン)を踏まえて、今一度自分の投資スタイルを確認すると同時に、本当にそれで正しいのかどうか? チェックしてみて下さいね。

 どうです、少しは理解できましたでしょうか(笑)?

 最近の株価を見てますと、米NYダウが少し前に史上最高値を更新した事もあって、日本株もそこそこの推移が続いていますね? ただ日経平均が16,000円台を目指す展開になるには、現段階ではまだ材料不足と思いますが、皆さんはどう思われますか(笑)?

 もし「法人税引き下げ」や、「GPIF(公的年金運用機関)の株式投資比率UP」により、今後株価は上昇するという強い見込みがあるのであれば、今調整している時が仕込み時かもしれませんね。今日は、ここまでです。(執筆者:大川 正吾)