為替投資のFXで‘儲けよう’と思うと負けます。絶対ではありませんが、儲けようと強く願えば願うほど負ける確率が高くなります。その理由はご存知ですか?

レバレッジを効かした少額からの投資が可能なFX投資。そのFXを手がける人のほとんどは、「利益を上げたい」という願いに基づいて取引しています。その願望が強くなればなるほど理性的な取引が難しくなり、欲望むき出しの売買をする始末、結果はご想像の通り「損失」です。

そう、FXで勝ちたいなら「儲けたい」という願望をコントロールすること、つまり「FXで儲ける!」という思考を改革することが必須なのです。さもないと、為替相場に簡単に誘惑され、理性を欠いた取引をすることになり兼ねません。

FX取引前にこのような思考パターンを植え付けて下さい。

銀行の1年定期預金より効率の良い投資ができれば勝ち

つまり儲けようと願うのではなく、得ようとする利益を最低限にとどめることです。負けない投資をする、とも考えられます。いずれにしろ、がっつり儲ける! という願望を頭と思いから根こそぎ取り払って下さい

2016年6月現在、銀行定期預金の1年もの金利は、良くて0.3%。50万円を1年預けて利息は1,500円ですので、1,500円よりちょっと多めに稼げたら成功! くらいの気持ちでいたら、あなたもFXの勝ち組です。具体的に計算してみましょう。

米ドル/日本円レートが100.000円の時に1万通貨($10,000)取引に必要な証拠金は4万円(レバレッジ25倍とする)。レート100.000円で1万通貨買い、100.050円で売ると、利益は500円です。

買いでも売りでも構いません。とにかく5銭の値幅を取れば、1回の取引で500円の利益を得ることができるわけですね。これが4回できれば2,000円の利益となります。そう、1年定期預金の利息より高い利益を得られるわけです。

ただし、FX取引で勝率10割は不可能。でも勝率7割なら現実的でしょう。では、1回の勝ちでプラス500円、1回の負けでマイナス500円だと仮定し、10回の取引で勝率7割なら、3,500円-1,500円=2,000円という計算になります。つまり一回の取引で5銭というほんのちょっとの値幅を取り、且つ勝率7割であなたは勝ち組になれるのです。大切なのは、

儲けようと思わないこと

これに尽きます。1回の取引の利益はちょっとで良いんです。トータルで定期預金より稼げれば良いと思って下さい。そうすれば、たった10回の取引であなたはFXの勝ち組になれます。ちなみに10回の取引は2日あれば十分です。

1年で1,500円の利息を得るのと、2日で2,000円の利益。どちらが良いか、言うまでもありません。さっそく試してみましょう。(執筆者:堀 聖人)