お金を一つの銀行口座から別の銀行口座に移す簡単な方法は、インターネットバンキングを利用することです。わざわざATMに足を運ぶ必要がない楽な方法ですから、読者の方もきっと利用されていることでしょう。

しかし、問題は振込手数料。同じ銀行間の振込なら無料となることがほとんどですが、他行への振込となるとたいてい有料となります。

以下、主な銀行のインターネットバンキングによる他行への振込手数料です。(左が3万円未満/右が3万円以上、2016年5月31日現在)

・みずほ銀行:216円/432円
・三井住友銀行:216円/432円
・三菱東京UFJ銀行:216円/324円
楽天銀行:168円/262円
・住信SBIネット銀行:無料/無料(条件あり)

こうしてみると、メガバンクから他行への振込手数料がかなり高く、ネットバンクの中でも手数料が安く設定されている楽天銀行も168~262円かかってしまいます。

手数料がかかる他行振込を頻繁に行なうとなると、1年でそれ相応の振込手数料を支払うことになってしまいます

この手数料が完全無料であれば、かなりの節約になると思いませんか? そこでご紹介したいのが、FX口座を活用する方法です。

FX口座を活用した銀行間振込手数料節約術

FX取引をする場合に必ず開設することになるFX口座ですが、ネットバンクとFX口座間の入出金は無料となっていますので、この無料システムを利用すれば手数料を節約できます

例えば楽天銀行から三井住友銀行への振込みは3万円以上で262円かかります。

しかし、楽天銀行からFX口座へ振込み、その後FX口座から三井住友銀行へ出金手続き。このようにFX口座を介して送金すれば、262円かかるはずの手数料が無料になります。(本人名義の銀行口座に限る)

もちろん、FX取引をする必要はありませんので安心して下さい。

≪振込手数料がかかるケース≫
自分名義銀行口座A⇒自分名義銀行口座B
≪振込手数料が無料になる節約術≫
自分名義銀行口座A⇒自分名義FX口座⇒自分名義銀行口座B

ちょっと手間はかかりますが、家計のため、節約のためにこの節約術で手数料を無料で銀行振込をしませんか。

FX口座経由銀行振込の注意点

FX口座によっては提携していない銀行口座があること

どのネットバンクからでもFX口座経由で銀行振込ができるわけでなく、条件となるのはFX口座が提携するネットバンクへの銀行振込のみ可能になります。

FX口座とどのネット銀行が提携しているか、あなたの銀行はFX口座と提携しているか、調べる必要があります。

FX口座が提携するネットバンクはすでに調査済みですが、結論から言いますと、約380行と提携済みのFX口座のいずれかを開設しておけば間違いありません

参考記事⇒FX口座とネット銀行を比較 クイック入金対応のネット銀行を調べてみた

FX口座から指定銀行口座への出金多少時間がかかる

FX口座から自分名義口座への出金には1~2営業日時間がかかることがあります。これらはFX口座によって違いがありますので、FX各社HPで確認して下さい。

入出金手続きは必ずFX口座経由で

ネットバンク口座に直接アクセスしFX口座に振込むと通常の他行振込手数料がかかってしまいます

まずはFX口座にログインし、その後現金がある銀行口座にログイン。そしてFX口座へ入金後、今度はFX口座から出金手続きを行ないます。

手順を間違わないように気をつけてください。

それでは、また。

銀行間振込手数料に使えるおすすめのFX口座はこちらです↓↓

(執筆者:堀 聖人)