今までに「アノマリー」というのは聞いたことがあるでしょうか? アノマリーとは、「確立された根拠はないが、頻繁に発生する現象や経験則」のことです。株式相場においても幾つものアノマリーが唱えられています。

 例えば…

◆毎週月曜日は株価が下落する
◆毎年10月は株式相場が下落する
◆毎年12月にかけて株価は上昇する

 これは一例に過ぎませんが、投資家の間でよく知られているものもあれば、個人投資家が主張する独自のアノマリーも存在します。ここで紹介したい株投資アノマリーは、「12月上げ相場」というものです。

 これはとても有名なアノマリーの一つで、毎年の統計上、12月の株価は上がる傾向にある、というものです。もちろんすべての銘柄がそうなるわけではないのですが、統計上「12月は株価上昇」となる銘柄があるということです。

「12月株価上昇アノマリー」での注目銘柄は?

 もしかしたら、もうお気づきになったかもしれませんね。統計的に12月は上げ相場となることが分かっているなら、その相場に乗りやすい銘柄、つまり12月に株価が上昇しやすい銘柄を今のうちに仕込んでおけば、それ相応の利益を得られるというわけです。

 統計をみると、過去数年間で毎年12月に値上がりした銘柄というものが数多くあります。その銘柄の中からとりわけ確率の高い11銘柄をご紹介したいと思います。

 割安で放置されているのが、イチカワ(3513)とクレハ(4023)。PERとPBRともに割安の数値を示しています。

 「12月株価上昇アノマリー」に自信がないなら、少額で投資できる北越紀州製紙(3865)で試してみるのも一つの手です。10月半ばに400円をきったところで一旦底打ちの格好となっていますから、押し目買いのチャンスを狙って仕込みたいところですね。

 個人的に気になるのが、ニプロ(8086)。というのは、11月に改正薬事法が施行となるので、ニプロは関連銘柄として注目が集まっています。医療機器関連銘柄であり「12月株価上昇アノマリー」銘柄でもありますから、継続注視していきたいと思います。

忘れていけない注意点2つ

 注意点は、「12月株価上昇アノマリー」はあくまでも統計による経験則です。今年も必ず上げ相場になるとは100%断定できるわけではなく、上で紹介した11銘柄も、統計上12月に上昇しやすい銘柄であるということを覚えておいて下さい。

 また、12月に売るという想定で買うわけですから、あえて配当や優待の有無は記載していません。配当や優待を狙っての投資が目的ならば、今回紹介した銘柄から必ず選ぶ必要がないからです。大切な教訓として、株投資の目的が変われば選択する銘柄も変わるということ、肝に銘じておいて下さいね。(執筆者:堀 聖人)