新規で住宅ローンをお考えの方にへのメリット

 5年ぶりにフラット35の魅力が帰って来ました! 特に新規住宅については今回の優遇措置で当初10年間、最大0.6%のディスカウント、取扱期間は(予算範囲はありますが)今月、平成27年2月9日以降実行分(資金交付)から来年、平成28年1月29日申込受付分となります。(前回の大きな優遇は平成22年~23年にかけて)

 これだけの優遇措置に加えてこのところの長期金利の低下で今月のフラット35の金利も1.37%と長期固定住宅ローンとしては破格の金利となり、優遇措置により当初10年間0.77%という金利です。表面金利だけをみれば、民間金融機関の10年固定の最安金利(0.85%)を下回り私達消費者にとってはとても良い条件となりました。

 審査期間は長くても1ヵ月程度、現在、ローンをお考えの方で、すでに借入金融機関が決まっていても、決済日が来月末頃であれば間に合う場合があります。一考の価値は十分にあります。(民間の金融機関の皆々様ごめんなさい…)

借り換えをお考えの方へのメリット

 5年前の1%ディスカウントのメリットを享受した方も今、借り換えによってさらにかなり大きなメリットがあることは言うまでもありません。ちょうど5年前、平成22年2月のフラット35の金利は2.6%です。この時、1%ディスカウントのメリットを最大限に生かして住宅ローンを借りた方が借り換えをした場合のシミュレーションをしてみました。

前提(ここでは11年目以降の0.3%ディスカウントは考慮していません。)
借入金額が3000万円
返済期間:35年
金利:当初10年間1.6%(11年目以降 2.6%)

 現在の残高は約2667万円となっています。このまま返済を続けていくと残り30年間で利息の総支払は1032万円となります。ここで運良く気が付いて、借り換えをすることでこの利息総額を587万円まで圧縮することができ、その差額は何と! 445万円。

 借り換え費用(実行手数料、登記費用等)を勘案しても400万円弱の節約ができます

 さらに5年前に機構団信に加入した方は民間の生命保険に代用することでさらなる節約の可能性も!(当時、民間の生命保険で対応した方も見直しは必要…)

 意外と知られていないのが、フラット35からフラット35への借り換えです。そして、平成20年当時に借り入れた方は金利も3%前後です。ぜひ、この機に借り換えを! その他、民間金融機関からの借り換えもメリットがあると思います。一度、その道の専門家に相談してみたらいかがでしょうか。

 最後に住宅ローンには必ず諸費用がかかります。フラット35であれば、特に実行手数料が大きな負担となります。この実行手数料も窓口によって様々です。CM等に惑わされないでしっかりと情報を入手して後悔しないように住宅ローンを組みたいですね!(執筆者:小林 裕市)