貯蓄ができない人は、総じて普段のお金の使い方に問題があります。お金の使い方にメリハリがなくあればあるだけ使っていたり、見栄を張ってお金を使いすぎていませんか?

 【前編】では生活に必要なお金を知り、月々いくら貯蓄できるのかを計算するところまで紹介しました。今回は、日々の御金の使い方について、具体的にお伝えしてきます!

日々の家計管理

 貯蓄目標が決まれば、あとはその貯蓄額を厳守できるよう、日々の生活費を引き締めていく作業になります。

※貯蓄は先取り貯蓄が基本! お給料から自動で天引きされる財形貯蓄や、自動で銀行引落になる自動積立定期預金などを利用して「貯まる仕組み」を作りましょう!

 せっかく毎月決まった金額を貯蓄していても、家計管理が甘いとうっかり使いすぎてしまい、お金が足りなくなってしまうこともあります。

 予算内でやりくりできるようになるためには、日々のお金のお金の管理方法も大切です。

現金派女子はATMで手数料を支払うな!

 「一気におろすと使いすぎちゃうから」とちょこちょこおろしに行く女性も多いと思いますが、それをしてもいいのは専業主婦だけ、と心得ましょう。

 働いていると、どうしても日中銀行に行けないこともあり、高い手数料をとられてしまいます。100円200円の手数料でも、年間1万円以上手数料に使っている人もいると思いますよ。

 おすすめなのは、「月に1回引き出して、自宅でお金を保管する」という方法です。食費・日用品費、交際費等経費、小遣いの合計をまとめておろしておき、費目ごとの封筒を作って仕分けておきます。財布にいれるのは少しだけにして、足りなくなったら封筒から補充していきましょう。

カード派はEdyやデビットカードへの移行も考える

 クレジットカードはとっても便利ですし、ポイントも貯まるので魅力的。でも、貯蓄が苦手な人はヘビーユーズするべきではありません! 水道光熱費や通信費など、引落系のものはクレジットカード払いにしておくのがおすすめですが、日々の買い物は別の方法で決済しましょう。

・楽天Edy
・au Wallet
・nanaco
・WAON

 これらは自分で現金をチャージしたら、その範囲内でしかお金を使えませんから予算内での買い物ができるようになります。アプリやサイトからの履歴確認もできるので、家計簿代わりにもなりますね。個人的には、この中だとau WALLETが一番便利かな、と思います。Master Cardが使える店ならほぼどこでも使えるからです。あなたが普段行く店でどの電子マネーが使えるのか、調べてみましょう。

 また、au WALLETに近い使い方ができるのがVISAデビットです。こちらはチャージするのではなく、登録しておいた銀行口座からダイレクトに出金してくれます。VISAが使えるお店ならどこでも使えますよ。

三菱東京UFJ-VISAデビット公式ページ

チリも積もれば… 費目別節約術

食費・日用品の節約

 外食費は別にして、週予算を決めるのがおすすめです。

【例】予算30,000円の場合
外食費……1か月15,000円
米・調味料・日用品代……1か月5,000円
食費一般……1か月10,000円(週予算2,000~2,500円)

 まず外食費は別にして、そこからさらに、お米や調味料、日用品にかかるお金を除きます。(お米と調味料は1か月に1回まとめ買いするのがお得! ネットスーパーを使えば楽ちんです)残りを週数で割って、その範囲で毎週やりくりするように工夫しましょう。

水道光熱費

◆電気

・エアコンの使用を最小限にする。(冬は、電気毛布やこたつをメインにするとかなりの節約に!)
・テレビは見たい番組があるときだけつける。
・冷蔵庫の整理をして冷却効率を上げる。(整理されていると開けっ放しの時間も減って節約に!)
・照明はLEDに替える。(初期コストはかかっても、1~2年でもとがとれます)
・夜は間接照明のみで過ごす日を増やしてみる(もちろんLED電球で! 40W形相当のものでムード抜群になります)

◆ガス

・シャワーはこまめに止める。
・入浴前に髪をブラッシングしておく。(ホコリなどが取れ、髪を濡らす時間が短縮できます)
・湯船のお湯を使って洗う。
・圧力鍋を導入して煮込み料理にかかる時間を短縮する。
・なんでもかんでも強火にしない。なべ底から火がはみ出さないように。

◆水道
・浴槽のお湯を洗濯に使う。(専用ポンプを使うと楽。温かいお湯で洗濯すると汚れ落ちもアップ!)
・節水シャワーヘッドに交換する。

通信費

・光回線をやめてモバイルルーター(WiMAXなど)にする。
・格安スマホに替える。
・パソコンがあるならスマホをやめてみる。
・パソコンをあまり使わないならスマホのみにしてみる。

格安スマホmineo⇒

家賃

・貯蓄のためにしばらく実家に戻ってみる。(実家が通勤圏内なら)
・家賃が安い家に引越する(少し会社から離れても、家賃が下がって交通費が支給されるので魅力的です)
・オートロックにこだわらない(閉鎖的な造りのオートロック物件より、開放的な造りのハイツの方が近所の目があり安心感もあります)

生命保険

・自分が加入している生命保険に自信が無い人は、今すぐ見直しを!!
・生命保険はややこしいので、FPに相談するか、もしくはほけんの窓口などで相談を。(ネット生保=安いという思い込みは捨てましょう)

交際費等経費

・気乗りしない飲み会には極力参加しない。
・仕事に必要な衣類や靴でも、リサイクルショップや古着屋でいいものが無いか探す。

お小遣い

・衣類関係はリサイクルショップやネットフリマアプリなどを使う。
・美容関係は、エステ通いよりも日々のお手入れを丁寧にする。
・趣味関係は、「趣味ぐらいは!」と大盤振る舞いせず、慎重に検討してからお金を使う。

その他

・リボ払いやローン、日本学生支援機構の第二種奨学金(利息有)を返済している人は、とにかくさっさと返済する。まとまったお金ができればいずれも一括返済可能です。

お金の貯め方は一生モノです!

 お金の使い方がヘタで貯蓄できない人は、いつまで経ってもお金に困ります。今は大丈夫でも、もし結婚したら? 結婚後、離婚してしまったら? 夫と先立たれたら? 一生独身だったら?

 貯蓄が無いというのは、今後どのような人生を歩むにしても、将来的には貧困問題に直面するリスクがあります。

 しかし、今のうちにお金の使い方を改め、お金が貯められる人になれば、一生お金に困ることはありません! 失業しても、病気になっても、備えがあればなんとかなるものです。

 お金の使い方は、一度きちんと向き合って取り組めば誰でもできるようになります。ぜひ、早いうちにお金の使い方を見直して、お金が貯められる人の仲間入りをしましょう!(執筆者:吉見 夏実)