もうすぐ入学シーズン! 幼稚園や小学校の入学を控えたお子さんがいる方は準備で忙しいことと思います。そんな忙しい中でも、忘れてはいけないのが「ママの服」。入園式や入学式は公式なセレモニーですから、普段着で行くことはあまりないはずです。

 とは言え、入学式で着るような服って普段着ることが無いですよね。では、ママの服は最近はやりのレンタルで済ませるか、もしくは購入するか、どちらがお得になるのでしょうか?

購入するならどれがお得?

 入学式での母親の服装は、ワンピースにしろスカートにしろパンツにしろ、ジャケットもセットで購入する人が多いと思います。これらを購入する場合、安いものなら5,000円程度から探すことができます。たとえば、通販のニッセンなどでは格安なセレモニースーツを扱っていますよ。

 購入すれば、当然自分のものになりますから何度でも使えるというのがメリットです。「幼稚園の卒業式と小学校の入学式」と兼用することもできますし、その他のフォーマルな場に出かけるときにも重宝するでしょう。

 ただし、購入したスーツが何年も使えるとは限りません。女性の服はメンズファッションに比べると流行が激しいですし、ほんの数年でも流行に合わなくなって着られなくなってしまうこともあります。また、セットアップのスーツを購入しても、インナーやジャケットを変えてコーディネートパターンが増やせるものを選ばないと、いつも同じ組み合わせで着ることになってしまうので注意しましょう。

 また、安いものだと、若いママなら許されても年齢を重ねた女性にとっては素材の質感やデザインが合わないと感じることも多いです。長く着られるものを探したいなら特に、それなりの出費は覚悟した方がいいでしょう。もちろん、高額なものを購入しても、長く着続けられるデザインのものを選べば、トータルでの出費は低く抑えることができるでしょう。

レンタルするならどんな方法?

 最近は、洋服のレンタルサービスも増えてきました。まだスーツのレンタル取り扱いは多くはありませんが、それでもいくつか選択肢はありますよ。

・DMM.comいろいろレンタル
・おしゃれコンシャス
・レンタルドレスLa chic

 など

 また、「バッグだけ」、「靴だけ」など、小物類のレンタルであれば、パーティドレスを扱っているようなサイトなら見つかりやすいです。

 さらに、着物を着る方なら、レンタルの幅もぐっと広がります。ネットで安いところを探してもいいですし、地元の写真館などで格安レンタルサービスが無いか調べてみてもいいでしょう。

 レンタルする場合の相場は、安いもので5,000円ぐらいからありますが、多いのは1万円以上の価格帯です。「これなら買うのとあまり変わらないかも」と思われるかもしれませんが、レンタルの場合はクリーニングの必要がないため、購入するよりも安くつく方が多いですよ。

 もう一つ、レンタルする方法があります。それは、周りの友人・知人から借りるという方法です。児童館で知り合いになった、子供の年齢が違うママ友がいれば、聞いてみてはいかがでしょうか? また、親戚やいとこでもここ数年で入学式を経験した人はいませんか? 購入したもののクローゼットに入れっぱなしになっている、という人も多いので聞いてみてくださいね。

 もちろん、知り合いから借りる場合もタダで借りられるわけではありません。クリーニングして返すのはもちろんのこと、3千円程度の菓子折りなどお礼の品も用意した方がいいでしょう。

わたしは「購入」をおすすめします

 まとめると、

◎安いもので良ければ、クリーニング代を合わせても買った方が得
◎高くても長く着られる・入学式以外でも着られるものなら買った方が得
◎入学式で着たあと着る機会がなさそうでも良いものを着たいなら借りた方が得

 ということになります。

 最近はシンプルライフなど、モノを持たない暮らしも流行っていますから、レンタルするという選択肢ももちろんアリです。ただ、わたしの経験から言えば、買った方が得ではないかと感じます。

 理由は以下のとおりです。

◎着回しの利く服を選べば、「結婚記念日のディナー」などお出かけのときにも着られる

 ジャケットをカーディガンに変えるだけでスマートカジュアルな装いになりますから、レストランのディナー、ホテルランチなど、少しおしゃれしたいときには重宝します。

◎PTA役員にあたると入学式や卒業式などさまざまな式典に参加することになる

 最近は共働きだからと言って役員を免除してもらえることもありません。(わたしはまだ3年生の息子が一人いるだけなのに、すでに2回役員にあたっています。そして4月から3回目です)普段着NGの式典も年に数回はありますから、入学式のときに買っておいて良かったと感じています。

 買った方が得かレンタルした方が得かは、着たい服の価格帯や着る頻度によっても異なります。ご自身の立場に合わせて、どちらを選ぶか決めるといいですよ。(執筆者:吉見 夏実)