朝晩の厳しい冷え込みからも解放され、遂に花粉症シーズンも真っ盛り。既に花粉症の方は勿論のこと、今まで、花粉症とは無縁だった方でも、今年から遂に花粉症になってしまった方も多いのではないでしょうか。一説によると、花粉症とは、各人において、体内に入ってくる花粉に対する一定の許容量があり、その許容量を超えてしまうと、遂に花粉症デビューとなるようです。

 そう、上の写真が正に、分かりやすいイメージです。コップが許容量だとしたときに、コップに注がれる水は、まさに花粉そのもの。水が注がれ続け、コップから水が溢れてしまうと、花粉症デビューというわけです。

 では、花粉症にならないためには、どのような対策をされるでしょうか。また、既に花粉症の方は、どのようにして、少しでも花粉症の症状を和らげようとされるでしょうか。

 例えば、マスクの着用や、花粉症メガネの着用をはじめ、外出を控えたり、洗濯物を外に干さない等というのは、体内に花粉を持ち込まない、つまりは、コップに注がれる水を抑えるという対策です。

 そして、既に花粉症になってしまった方も、病院に通院したり、薬の処方を受けたり等と症状を和らげる対策を行います。

 また、中には、既に花粉所の方も、まだ花粉症でない方も食生活をはじめとした生活習慣を見直すことにより体質を改善させよう等という対策を練る方もいらっしゃいます。

 そして、その許容量(コップの大きさ)も、体内に入る花粉の量(水)も下の写真のように、その生活拠点や、環境等により、人、それぞれで異なります。

 実は、全く別次元の相続税においても、これと同じことが言えます

 簡単に言えば、コップから水が溢れてしまったら、相続税の申告の対象になるということ。

 コップは、基礎控除といわれるもので、相続財産の評価額の合計より控除することができるもので、法定相続人の数が何人か…によって、コップの大きさが決まります。そして、コップに注がれる水が相続財産というわけです。つまり、相続財産がコップの大きさ迄であれば、相続税の申告は不要という事です。

 また、万が一、コップから水が溢れた場合でも(申告の対象となった場合でも)、様々な軽減措置や特例等を利用することにより、花粉症と同様にその症状(納税額)を和らげることができるということです(節税対策)。

 いつもは、もっと相続に関する知識やテクニックのような事をベースにコラムを書いていましたが、たまには、このように相続税のイメージがつきやすい記事も良いかな? と思い、今般はこのような内容にさせていただきました。(執筆者:佐藤 雄樹)