「資産運用をしたほうが良い。投資を始めるべき。」

そうは思うものの、どうやって投資を始めたら良いのか分からない、と感じる人が少なくないようです。

そこで、「投資 初心者」といった具合にすぐにググるわけですね。するとヒットする投資法は、株、投資信託、そしてFXです。

ヒットしたサイトを一通り見てみると、各投資法の概要は何となく分かる。でも、初心者の自分に一番向いているのはどの投資法なのかはよく分からない、というのが多くの人が感じる疑問のようです。

そこで、今回は株投資とFX投資の2つに対象を絞り、どちらが投資初心者に向いているのか一つの面から比較してみたいと思います。

投資初心者に向いていると言われているのは株投資

結論から言ってしまうと、投資初心者に向いているのは株投資です。FX投資を否定するわけではありません。しかし、FXよりも株投資のほうが初心者向きです。

大きな理由の一つは、FX特有のレバレッジです。

レバレッジとは「てこ」という意味で、小さな力で大きなものを動かせることを示しています。FXでは必要証拠金の最大25倍(国内FX口座の場合)までレバレッジをかけられますので、文字通りてこを利かせた投資法です。

ドル円相場が1ドル120円のときに1万ドル分の取引をした場合、レバレッジが25倍ならば必要になる証拠金は約4万8,000円です。

約4万8,000円で1万ドル(約120万円分)の外貨投資ができるというのは聞こえは良いのですが、これには裏があります。

仮にドル円レートが1円動けば、差益は±1万円です。予想通りにレートが動けば+1万円ですが、予想とは反対方向にレートが変動し1万円の損失なら証拠金から1万円差し引かれ、手元に残るのは約3万8,000円です。(ロスカットや証拠金維持率などは考慮しない)

1日の内にレートが1円近く動くことは頻繁にありますから、短期間で利益を出すことができる反面、損もしやすい投資法なのです。


≪6月10日 ドル円30分足チャート≫

2015年6月10日、“黒田逆バズーカ” が発射されたときには、ドル円レートが2時間ほどで約2円変動しました。

これほどの急激な為替レートの変動は頻繁には起こりませんが、こうしたレート変動の影響を直接受けるのがFX投資です。

つまり、FX投資は典型的なハイリターン・ハイリスク投資であり、投資行為に不慣れな投資初心者にはなかなか難しい取引なのです。

株取引において、信用取引ではレバレッジが約3倍ですが、一般の現物株を買っている限りレバレッジがかかることはありません。

もちろん株式相場でも急激な価格変動が起こりますが、レバレッジのない現物株取引のほうが相対的にリスクは低いのです。

FXと比較したときにリスクという面からみると、株取引のほうがリスクが低く投資初心者に向いていると言えるでしょう。

取引方法によってはFX投資もあり

ただし、上述したFX投資法は裁量取引に関して。裁量取引とは、買う・売る・様子見の3択をすべて自己判断で行なうことですが、FX初心者が適切な判断を下すのは簡単な話ではありません。

まして感情に左右されやすい裁量取引ですから、裁量取引でFX投資をするよりは株投資から始めるほうが無難だ、という話なんですね。

言い換えると、取引方法によってはFX投資から始めても問題はないと思っています。

投資初心者向けの外貨積立

FX商品の中に外貨をコツコツと積み立てていく商品があります。それは「定期外貨取引(レバレッジ付き)」というSBIFXトレードのFX商品です。定期外貨取引の特徴をいくつか挙げてみますね。

・定期的に外貨を購入
この定期外貨取引口座では、毎日/毎週/毎月のいずれかの頻度で外貨を自動で買い付けてくれます。

・6通貨の中からお好みで選択
米ドル/英ポンド/豪ドル/NZドル/人民元/南アランドの6通貨の中からお好みで購入外貨を選択できます。高金利通貨を狙えばスワップポイントもコツコツためることができますよ。

・自動で外貨を購入
初めにどの外貨をどの頻度で毎月どれだけ購入するか設定すれば、あとは自動で指定内容に基づいて自動で外貨を購入してくれます。

極端に言うと、放って置いても資産運用ができてしまいます。

ざっと挙げただけでも、以上のような特徴のあるレバレッジ付き定期外貨取引。ハイリスクの要因となり得るレバレッジもかけずに外貨購入ができますので、投資初心者でも取り組みやすい金融商品と言えるでしょう。

こうした投資初心者でもできる取引方法を選べば、個人的にはFX投資から始めても全く問題はないと思っています。要は、何を取引するかではなく、どのように取引するかがより重要になってくるということですね。

定期外貨取引の詳細を知りたい方はコチラ⇒SBIFXトレード公式サイト

まとめ

・FX投資ではレバレッジが利かせられる
・FXは証拠金の最大25倍の外貨を運用できる
・レバレッジがあるためハイリターン・ハイリスク
・株投資の現物株取引ならレバレッジはないので、FXより相対的にリスクは低い
・取引方法によってはFXから始めるのもあり

裁量取引でFX投資をするとハイリスクになりがちですが、レバレッジ付き定期外貨取引のような初心者向けのFX商品を選ぶなら、投資初心者でもFX取引から始められます。

王道の株投資から始めるのも良し、取り組みやすいFX商品から投資を始めるのも良し、あとはお好みで。

それでは、また。

SBIFXトレードの公式サイトはこちら↓

(執筆者:堀 聖人)