FX取引をこれから始めようかなと思っている人。最初からリアルマネーでFX相場に挑むのは危険です。

補助輪や大人の支えなしで、いきなり自転車をこぐ子どもはいません。FXも “補助輪” を装着したトレード練習期間が必須なのです。でも、どうやって? 

それは、今回スポットを当てる「デモトレード」です。

FXデモトレードとは

FXデモトレードとは、仮想資金でFXトレードを行なうことです。仮想資金ですから、買っても負けても自己資産に影響は全くありません。デモトレードを利用すると・・・

・FX取引がどんなものか実体験できる
・FXトレードの練習ができる

…という目的を達成することができます。デモトレードを行なうためにはFXデモ口座を開設する必要がありますが、ほとんどのFX会社でサービスしていますから気軽に開設してみましょう。デモ口座の開設は簡単で、開設に関わる費用もかかりません。

ただし、すべてのFX会社がデモ口座を提供しているわけではありません。お目当てのFX会社がデモ口座を提供しているか、まずは確認が必要です。

FXデモトレードのメリットとデメリット

デモトレードの最大のメリットは、無料でFX取引を体験しトレードの練習ができることです。タダでできるのだから損はないと考えがちですが、FXデモトレードには意外なデメリットがあります。

【デモトレードのデメリット】
・自己資金による取引ではないので、緊張感がない
・負けても損失はゼロなので、テキトーに取引できてしまう

トレードは仮想資金によるもので自己資金ではありません。ですから、ゲーム感覚で取引できてしまうことがデメリットになり得るのです。

緊張感なくテキトーに取引しても利益を出せることがありますし、負けても損はないのでトレード手法やその他ファンダメンタルについて考えずに取引してしまうことも。

結果、デモトレードで利益を出せたので本番でも勝てると思い込み、自己資金でFX取引をしてみたら全然勝てなかったというのはよくある話です。また、仮想資金とリアルマネーでは緊張感がまるで違いますから、思うように売買できないということもあります。

ですから、デモトレードはFXを体験する場、という位置づけがベストです。デモトレードで利益を出せたからリアルトレードでも同じように勝てると考えたら、その時点で負け組決定かもしれません。

デモトレードは杉村太蔵氏もやっている

以上の点をふまえ、FXデモトレードを体験してみましょう。どのFX口座でもよいのですが、興味深いデモトレード・キャンペーンを見つけたので、一応ご紹介しておきます。


≪上田ハーローFX http://uhfx.jp/dtry1506/index.html≫

なんでも杉村太蔵氏がデモトレード・トライアルで年利4%に挑戦するとのこと。その杉村氏と一緒にあなたもデモトレードで年利4%に挑戦しませんか? というのが、今回の主旨のようです。

デモトレード・トライアルを開催しているのは、老舗金融会社の「上田ハーローFX」。キャンペーン期間は~8月21日(金)で、キャンペーン期間終了時点で年利4%を達成すると「杉村太蔵氏 オリジナル扇子」が貰えます

どんな扇子が届くのでしょうか…。個人的に特に興味はないのですが、貰えるなら貰っておいても損はない、といったところでしょうか。デモトレードはどうせタダですし、年利4%という着目点は面白いので、ちょっと参加してみようかと思います。(執筆者:堀 聖人)